宿泊体験談



平成12年6月14日(水)15日(木) エクシブ蓼科  by H.C.
(エクシブ蓼科の案内

クリックすると大きな画像で表示されます!  今回泊まってきたエクシブ蓼科についてのレポートをお届け致します。 私自身もホテルマンとして少ないながら経験した後の滞在であったため、 以前と比べると細かなところまで見れたと思います。 ただ、サービスが良くないなと感じた点については、自分自身がサービスしていた時も、 同じような事をしていた事も事実であまり強く不満は言えませんが、 今回は客の立場であり、今後ホテルマンとして働くのに、 宿泊客はこういう事を感じているという事を忘れず頑張っていきたいという意味でも余さず感想を述べたいと思います。

 まず、予約ですが、予約センターに電話しました。 特に不満はありませんでしたが、食事を予約しないといけないという事で、 私自身数週間先の事であり何を食べたいかも解りませんでしたし、 共に泊まりに行った両親が何を食べたいのかもわかりません。 そういう意味で少々戸惑いました。何を食べたいかはっきり解っているならいいですが、 特に決まっていない場合も多く、行ってからそのときに食べたいものを食べたい時間に選べるシステムが一番いいですね。 もちろん、サービスする側にとって、早目に何人のお客が何を食べるか何時に食べるか解っているのが一番仕事し易いわけで、 それに甘えてしまうのは避けがたいことでありますが、顧客満足を追及する限り取り組むべき課題ではあると思います。 ただ、どうしてもコスト高になり、顧客への負担となるのも事実ですが。 エクシブについては会員権、宿泊費を合わせるとかなり高級リゾートの部類に入るので、 廉価なリゾートのシステムに甘んじていると今後の顧客のリゾートトラスト離れに繋がる可能性も。

クリックすると大きな画像で表示されます!    クリックすると大きな画像で表示されます!

 チェックインは1時ごろと早く行ったにも関らず、部屋の用意ができていたので、部屋に入れたのは良かったです。 ただその時点で夕食を5時か8時のどちらかを選ばないといけませんでした。 5時は早いし、8時は遅いしでどうにかならないかと聞くと5時半でも良いとの事で、 8時よりはと思い、5時半にしました。 自分の以前いたホテルでは1回転1時間半の夕食でした。 ですので、エクシブでもそれぐらいの間隔で3回転で6時半のは既に満席なのかと思って食べていたらだんだん人がいなくなり7時ごろには自分たちだけしか残っていませんでした。 後からマネージャーに聞くと5時と5時半、7時半と8時の変則2回転だったそうです。 普通は日本人は3時間も食事するはずないし、長くても2時間で充分だと思います。 実際、2時間も経たないうちに誰もいませんでしたから。 余裕はありましたがその分、食事の時間に融通がききませんね。
 朝食もチェックインの段階でコンチネンタル、バイキング、和食から選ばなければならず、 後で選んでも良いとの事だったので、夕食後、バイキングにしますと予約しに行くと既に予約で一杯との事、結構不満ですね。
 コンチネンタルは800円で景色の良い、ラウンジで、パンも熱々でおいしかったです。 バイキングは、1800円ですが、はっきり言って食べる価値無いです。 スパニッシュオムレツも「形は悪いですが、おいしいです」と言って崩れたオムレツを持ってきましたが、味も悪かったです。 そのほかのおかずもおいしいものは無く、パンも冷めており、 予約を確認する朝食券にスタッフが間違って2人と書いていたのを客に詰問するなどもってのほかです。 金券に値する朝食券ならともかく、食事後サイン時に課金が発生するので何人だろうが関係無いのに、朝から不機嫌にさせられましたね。
 料理については5千円のコースを取りましたが、見た目は良かったですが、量は少ないですし、味も特に満足できるものではありませんでした。 メニューに書いてあるお茶がないってのもびっくりでした。 魚や何かが無いのならわかりますが腐るはずないお茶がないのは・・・。

クリックすると大きな画像で表示されます!  部屋については特記する事はありません。 壁紙が少し黒ずんでいたぐらいです。広々としており、なかなかのものでした。
 建物は客室棟が8号館まである事もあり、とても複雑で、 連絡通路や廊下があまり外と面していない事もありせっかくのリゾートがあまり満喫できません。 もっとオープンな建物の方がいいですね。
 冷蔵庫の中の飲み物が130円からと安かったのがびっくりです。 自動課金の冷蔵庫や補充する手間を考えるとかなり損をしているのでは?
 そのほかのものもリゾートホテルだからと高額に設定している所が多い中で、普通の値段で使い易いです。 ただビリヤードはキューも台も歪んだり傾いたりしており、そろそろ交換時期かなと?
 ワンダーネット体験用のPCがウィルスに感染して修理中だったのは愛嬌ですね。

クリックすると大きな画像で表示されます!  料理の時間もそうでしたが、そのほかにもベッドメイキングの時間もスタッフの終業時間に縛られ、少々の融通も利かず、高級リゾートとしては残念な結果でした。
 アンケートなどでも普通のシティホテルと目の付け所が同じままでリゾートらしさがまだまだ足りないと感じました。 アンケートなどでもリゾートの雰囲気(オープンな建物)リゾートの時間(食事時間の自由等)、リゾートに来て何をするのか、こう言った事を大切にしたリゾート運営が行われる事を期待します。
 会社としてもホテルとしても顧客満足に対して大きな関心を持っており、 常に顧客満足を念頭に置いた活動を行っており、現段階では急激な成長により人材レベルの低下が見られるようですが、今後の成長が期待されます。


<ホームページの主からのコメント>
 食事の時間の問題は多くの方からの指摘があります。 私の経験では食事をしていると近くの席の人が徐々に入れ替わるので、30分間隔で、 その中から2つの時間をフロントで案内しているものと思っていました。 しかし、人数や場所によっては最初から2つの時間しか設定していない場合もあるみたいです。 お客が多いと30分間隔くらいの方が準備の段取りも都合がよいと思われますが、 平日だったので今回の様な方法だったのかも知れません。

 オプションの料金(各種利用料や飲み物料金)が安いのは、 何度か説明していますが会員制リゾートクラブでは『施設の取得費用は入会金で』『固定費は年会費で』『利用料は実費』という考え方なので、 料金に取得費用や固定費などを上乗せする必要はないので、実費は安くて当然と言えるでしょう。 経費節減や手間を省くのなら部屋に有料の飲み物を備え付けず、館内の自動販売機のみで良いでしょう。 サンメンバーズ京都嵯峨では部屋に有料の飲み物は備え付けられていません。 もっともサンメンバーズ京都嵯峨の場合は冷蔵庫を置くスペースの問題もあったのでしょう。




 ・宿泊体験談のコーナーに戻る

 ・ホームページに戻る

 ・お得な一般のホテルやお得な航空券、高速バス等の予約はこちら



 このページについてのお問い合わせは、E-mail でお寄せ下さい。


2000年6月20日より
件目のアクセスです。