宿泊体験談



平成14年10月12日(土) エクシブ白浜アネックス  by K.H.
(エクシブ白浜アネックスの案内

予約編・・・
 利用予定日の丁度1ヶ月前の9月12日午前9時にサンメンバーの予約センターに電話をかけましたが、利用日が3連休の初日ということもありなかなか繋がらず、結局、9時10分ごろ繋がりました。 ホテル名・利用日・人数とメンバーさんの名前・Noを告げ、乳幼児がいるため和洋室をリクエストし、空室を確認のうえプラン(プランはあらかじめリゾートトラストのHP http://www.resorttrust.co.jp/hotel/index.htmlで予習)などの打ち合わせをしました。 プランはアドベンチャーワールドの1日券のついたファミリープラン(1泊2食で13500円/人)にし、大人2名のため差額(3000円/室)が必要なことを告げられましたが、これもあらかじめ予習していたため問題ありませんでした。
 あと食事は和洋中から選んで下さいとのことでしたのでアネックスにレストランがある和食にしました。 ただ6000円相当の会席とのことでしたので天婦羅コーナーにしてほしいと言いましたがメニューは選べないとのことでした。 同額で天婦羅会席があるのに何故でしょうか? よくありがちなパックにして料理の質を下げて利益率を上げようという作戦か、または単にメニューを絞って回転率をあげる作戦かと昔ホテルで配膳人をしていた私には感じられました。
 ついでに夕食の時間は指定できるのか?と聞くと、5時半か8時以降しかもう空いて いないとのこと。まだ予約開始から10分しか経ってないのに「?」でした。 まあサービスする立場からすると7時ごろは予約もせずに来る客が殺到して、それでも何時間も待たせられないし苦情を聞くのも面倒だとから予約は入れたくないといったところでしょうか?(当日ガラガラだったら怒るよ!)
 ほかに朝食について(コンベンションホールでのバイキング・3歳以下無料・あまり待ち時間は出ないので予約は不要)やアドベンチャーワールドへの送迎バス(ホテル発9:00 10:00 11:00 AWS発 15:00 16:30 )のことなど対応してくれた男性は事務的 ながらも、丁寧でいろいろと教えてくれ、なかなか好印象でした。
 私のように初めて利用する人はあらかじめリ社のHPで予習しておくべきだと思いました。
※ 念の為、和洋室のリクエストが通っているか前日にホテルへ直接確認したところ、無事、リクエストは通っており、部屋のNo.まで教えてくれました。 また下記のHPでは部屋の間取りまで分かります。
http://www.e-asre.com/resortmania/xiv/draw.html

宿泊編・・・10月12日(土)
 7:00 大阪府堺市の自宅を出発
 7:50 阪和道紀ノ川SAで休憩(約20分)
 9:15 紀南パレスで休憩(約10分・R42印南港すぐ)
  ―H12年12月26日KMさんのレポートを参考にしました。
 9:40 R424と合流する南道交差点を先頭に約3Km・20分渋滞
10:30 エクシブ白浜アネックスに到着(実走3時間・145Km・高速代3660円)
 チェックインの手続きだけ済ませて荷物を預ける。この時セットになっているアドベンチャーワールド(以下AWS)の入場券を受け取る。なぜか宿泊券の提出は求められませんでした。
○ フロントマンの対応は丁寧でGOOD!
◎ 預けた荷物もチェックインの時間に部屋に運んでおいてくれるとのことで乳幼児連れには大助かり!
11:00 AWS行きのバス(大型)に乗り込み本館を経由して数分でAWSに到着。
 途中話し相手になってくれたドライバーさんも好印象でした。(今日の宿泊率はほぼ100%とのことでした)

**********************************
 AWSで遊ぶ人は事前にHPで各アトラクションの時間と場所を調べておいた方がいいと思います。ショーのイベントの時間はぎっしり詰まっており、優先順位をつけて効率よく回らないと損だと思いました。
http://www.adventureworld.co.jp/
 また特に子供連れの人にはパンダランド横の「ラ・フォンテーヌ」と言うレストランがお勧めです。 ここはテーブルに巨大な模造紙が敷いてあり、クレヨンも置いてあるので、子供は飽きることなく料理を待っていられます。 また上手な絵は飾ってもらえるみたいでしたので大作を描き上げて下さい。 (折り紙と折り方の手本もありました)
**********************************

クリックすると大きな画像で表示されます! 16:30 迎えのバス(中型)に乗りエクシブへ(今度もアネックスが先)
× なぜAWSの閉館時間が17:00なのにバスの最終は16:30なのでしょうか?近くなのだからもっと本数も増やして欲しい。
16:40 カードキーを受け取り803号室へ、子供が疲れ果てて寝てしまう。
17:20 子供を叩き起し「海幸」へ行き食事。
× やっぱり17:30しか夕食の時間が取れないのは不満。 一休みしたかった。案の定子供がグズって最悪!(ゴールデンタイムはメンバー限定?)
◎・・と思い、他の客に申し訳ないな〜と周りを見たら我々のエリアは小さい子供連ればっかり集められていてひと安心!なかなか細かいことをやってくれます。遅かれ早かれどの子供も暴れ出しました。
○ あらかじめ予約していた(和食のなかでは選択肢なし)「推薦膳紀州」ですが途中のメニューで量重視と質重視を選択できるのはよかったと思います。 あと松茸御飯と冷製うどんを選べるのもGOOD!(もちろん松茸御飯を選択、更に御代わり―タダ!―もする小市民ぶりでした)卓上のメニューもGOOD!
△ 値段(6000円)と質・量を考えると質的には5000円と思えなくもないが雰囲気(空港の夜景)とサービスの質を考えるとほぼ納得の料理かな〜?
○ 他のコーナーも覗いてみたが、いつか生け簀や天婦羅のコーナーも行ってみたいと思うぐらいいい雰囲気でした。 また配膳の方も親切で(リゾートホテルでは配膳人もリゾート気分で低レベルになりがち)特に子供には優しく接してくれたのがうれしかったです。

18:30 一旦部屋に戻り噂の斜行式エレベータへ乗り不思議な横Gを感じながらスパへ。この日は男湯:洋風・女湯:和風でした。
× 受付でタオルをもらう時に署名(ルームNo.人数)するのが面倒。 部外者を入れないためと思うがゴマカシは可能(チェックなし)なので意味がないと思う。
× 脱衣所が狭くビックリ!この広さで宿泊客以外も入れていた(る?)なんて信じられない。
◎ ただ男湯にもベビーベットとオムツ用ごみ箱があったのはGOOD!(入れ替え制だから当たり前か?)
○ 洋風よりも和風との評判を当HPで見ていていたので、洋風には期待していなかったが広さ・質はまあまあと感じました。雰囲気で若干和風が有利か?
× ただソフト面(運営面)はNO GOOD! 浴室で桶・イス・タオル、脱衣所でブラシ・籠・イス・ドライヤーが散乱しても適時片付ける人がいなかった(見なかった)。最近は普通のゴルフ場の風呂でも浴室・脱衣所にそれぞれ人を配置しているのに。
× また家族で待ち合わせがしにくいので少し通路が狭くなっても椅子を増やすべきだと思う。(自動販売機でも置いておけば売れるのに)
〜その後アネックス・本館を散⇒就寝シャトルバス(1BOX)の運転手さんが好キャラでGOOD!

10月13日(日)
 7:00 1番に寝た子供に起され起床、電動カーテンと朝陽の眩しさに感動!
 7:30 コンベンションホール(宴会場)で和洋バイキング
○ まだ人が少ないこともあり、小さい子供連れを料理卓から近い所に配席していってるのがGOOD(偶然?)
◎ また籐製のベビーベットを準備しているのも素晴らしい。(赤ちゃん連れの人が感動してました。籐製だと雰囲気もあるし)
○ この手のバイキングは食材の大掃除か!と思えるホテルもあるがなかなかGOOD!ホテルとしては配膳人も極力少人数で対応したいところ(普通朝食は時間外手当が要るので)だが人数は十分、集中する客をよくさばいていたと思う。目の前で焼いてくれる目玉焼きが素朴ながらホカホカでおいしかった。

 8:30 再度スパへ、この日は男湯:和風・女湯:洋風でした。
△ 空いていたため昨日ほど狭さは感じなかった。
× スパ用のサンダルが前日より毎回スパで他の人に取られてしまう。 私の部屋のサンダルは全部新品だったのに全部ボロボロに変わってしまった。 子供の靴と合わせて下駄箱に入れても取られた。 鍵をつけるかすべてのサンダルを新品にして欲しい。自分の物ではないが何か損した気分・衛生面でも不快。
○ 前評判通りいい雰囲気の風呂であった。

10:00 チェックアウト
◎ 前日もらったアンケートを提出したら室料5000円引き券をもらった。(山中湖との10周年記念企画とのこと・3月末まで有効)

 白良浜に立ち寄る・・・シーズンオフなのに人は結構来ていた。 シーズン中と違い砂浜は白く水は青く大変綺麗だった。子供に水着を着せて泳がせている人もいた!!

11:00 とれとれ市場で買物・・・噂どおりの巨大おみやげセンター。 巨大なキッズコーナーとマッサージ器が多数あるのに感動!
12:00 とれとれ市場を出発。帰りは渋滞が無く快走。途中紀ノ川SAで昼食(約30分)を取り15:00に帰宅(実走2時間30分)

 今回の旅行でXIVは高級感を保つのに大変苦労しているなと感じました。 ある程度のステイタスを守りたいのでしょうが、実際には少子化で子供が大切にされ、会員制リゾートなのに子供が溢れていました(自分のことは棚に上げます)。 一層の事、他にはないようなキッズルームを造り(普通では駄目)、大人は贅沢に子供は安全に遊べる空間を作り上げて欲しいものだと感じました。


<ホームページの主からのコメント>
 旅行には人それぞれの楽しみ方があるようで「時刻表で列車の乗り継ぎを調べるのが楽しみ」という人がいましたが、この人は「事前の調査も楽しみの1つ」なのかも知れません。 それにしても良く調べているようで、下手な会員よりも詳しいのではないかと思われます。 また、これだけ詳しいレポートは次に利用する事前調査マニア(?)の参考になると思います。
 子供連れが多い件については勤務先が会員になっていて勤務先の会員権での利用ではないかと思われます。 ただ、リゾートトラストは客層を「企業の福利厚生」と考えているのか、「金持ち相手」と考えているのか、それとも「マルチ商法やフランチャイズの説明会、結婚式などのイベント」と考えているのか、よくわからないです。 おそらく、「儲かれば何でもやる」という考え方ではないかと思われます。 客層を絞り込めば、もう少し満足できる対応ができるのではないかと思われます。
 ちなみに、結婚式は会員と、まったく、関係のない人でも利用でき、また、結婚式をあげると遠方から来る人に為に何部屋か宿泊用に利用できるとの事です。 リゾート会社は『会員制の原則が崩れる』という理由で、色々と文句を言ってきていますが、リゾート会社が儲ける為に会員制の原則を崩すのは平気のようです。
 また、エクシブ白浜では地元の人達に会員権を販売する為に「会員になれば宿泊しなくても温泉大浴場が利用できる」とPRしておきながら、態度を急変させてトラブルになっていると、こちらのページでも紹介されています。 こういう問題は会員全体の問題である筈なのに、他の会員には意見を聞くどころか、こういう問題がある事を他の会員にも知らせず、一部の会員と闇取引の交渉をして「誠意を持って話し合いをしている」などと平気で言っているのですから、その神経が理解できません。
 こんな無神経な事を平気で言えるくらいの図太い神経がないと、あれだけの業績を上げる事はできないのかも知れません。




 ・宿泊体験談のコーナーに戻る

 ・ホームページに戻る

 ・お得な一般のホテルやお得な航空券、高速バス等の予約はこちら



 このページについてのお問い合わせは、E-mail でお寄せ下さい。


2002年11月8日より
件目のアクセスです。