宿泊体験談



平成17年7月19日(火)20日(水) エクシブ鳴門  by M.M.
(エクシブ鳴門の案内

 7月19日早朝、大人6人、幼児1人、乳児1人を乗せてギュウギュウ詰めになった車で大阪を出発。和歌山からフェリーで徳島に渡り、めざすは高知へ。まず祖母の墓参りを済ませ、ついでに立ち寄った桂浜の美しかったこと! お天気のせいでしょうか、海が真っ青で「グアムの海とどこが違うねん!」とみんな口を揃えて桂浜に見入りました(写真ではわかりにくいですねー)。

 そして親戚宅に寄ってから高知市街をウロウロ。くろしお市場というところで夕ご飯。藁焼きのかつおのタタキのおいしさは、これまた一同を驚愕させるものでした。あっという間に大皿に盛られたカツオはなくなりました。私は実はタタキが苦手なのですが、これほどおいしいとは! タタキ独特の臭みがまるでなく、モチモチの食感でしたよ。

 そして今夜と明日の宿「エクシブ鳴門」へ向かうため、高知から鳴門へまた車の旅。高速を降りて一本道を行くと、山の上にライトで照らされる建物が・・・。噂通りのとてつもなく長く急な坂道を登り、ゲートをくぐりました。夜10時を過ぎてのチェックインとなってしまったためか玄関前にも誰もおらず、「P」という案内表示そのまま進むとエクシブ棟の会員様専用の駐車場に入ってしまいました(会員以外はかなり離れたロッジ棟の方の駐車場です。そのロッジの駐車場からエクシブ棟を見た写真と、エクシブ棟の部屋からロッジ棟を見た写真を撮りました。遠いでしょ?)。


 平日のため空きがあり、とりあえずそこに停めてフロントへ。夜遅いにも関わらず、とても親切な対応をして下さいました。駐車場のことも何も聞かれず。
 外観はもちろんのこと、ロビーも廊下もゴージャスで、外国に来たような気分になりました。お部屋は山側でしたが、そもそも高台に建っているので景色がとても良かったです。


 まずは移動の疲れを癒すため、シャトルバスでアロマハウスへ。フロントもロッカー室も露天風呂も、とってもキレイで感激しました。うちの母は、友人のご主人の関係でかなりのエクシブ通ですが、「ここのお風呂が一番ええわ〜」と申しておりました。11時近くになっていたからか、私たちの他には1組のお客様しかいなかったです。そしてその日は疲れて早くに寝てしまいました。

 翌日、午前中はバイキングを食べたり館内探検したりで、お昼からプールへ。 紫外線が一番強い時間帯で、お昼時でもあったので、すいてました。 途中うちの一家だけの貸し切り状態になってましたが、紫外線にもめげず、泳ぎまくりの焼きまくり。プールは小さめですが、エッジレスなので海と一体化しており、その景色で大人でも充分満足でした。

 夕方、私の弟と旦那がビリヤードを始め(これまたいい感じの雰囲気)、私は姪っ子を連れてビリヤード向かいのゲームコーナーへ。 アンパンマンのボールやお菓子を取るわ取るわで、姪っ子より私が大満足。

 そのあと夕食。これも噂に聞いていた「びんび家」へ。ホントに大衆食堂ばりの店構えでしたが、さすがにお刺身はおいしかった〜。 とりあえず5000円の刺身盛り(写真:すでに食べ始めてから写してしまいました)を注文しましたが、何がおいしいって「はまち」! こりこりして大阪で市販されているはまちとは別ものか?と思うほど新鮮でしたよ。


 そしてまたアロマハウスでサウナや露天風呂を楽しみ、翌日帰路につきました。 満載の海の幸、素敵なホテル、美しい景色、そしてこれ以上ないくらいの好天に恵まれ、私たち一家の四国の旅は終わったのでした。
 私は姪っ子とプールではしゃぎすぎ、帰宅途中から翌日まで頭痛・吐き気・発熱に苦しみましたが(軽い熱中症?)、姪っ子は元気。32歳の年の差でしょうか。 鳴門は大阪から近い(帰りは淡路島の津名から泉佐野へのフェリーであっという間)せいか、宿泊客は大阪弁の人が多かったように思います。 ぜひともまた行きたいと思います。あ〜楽しかった!


<ホームページの主からのコメント>
 前回の宿泊体験談でも「びんび家」が良かったというレポートがありました。一般的にホテルの食事は高いので、お金を出しても雰囲気やサービスを楽しみたいという人は別として、「名より実(名前より中身)」を重視する人は避けた方が良いでしょう。
 エッジレス・プールとは、プールの壁から水が溢れ出て(水は下で回収されて循環して)いるので、プールと向こう側の景色の境目がなく、不思議な景色となります。(これも「借景」の一種と言えるのでしょうか?)




 ・宿泊体験談のコーナーに戻る

 ・ホームページに戻る

 ・お得な一般のホテルやお得な航空券、高速バス等の予約はこちら



 このページについてのお問い合わせは、E-mail でお寄せ下さい。


2005年7月25日より
件目のアクセスです。