宿泊体験談



平成13年8月10日(金) エクシブ鳴門  by K.M.
(エクシブ鳴門の案内

 8月10日、羽田から伊丹空港へ飛び淡路島を縦断観光して鳴門に入りました。 高速バスの高速鳴門バス停をおりてすぐのところでエクシブ鳴門の送迎バスに乗りました。 平坦な海沿いの道をずーっと走って、エクシブのゲートをくぐったところから、急な登り坂をずーっと登って、30分近くかかって到着です。 途中の景色は晴れていれば最高にきれいだろうなと思われるものでしたが、あいにくの雨模様。エントランスでスタッフのみなさんが気持ちよく迎えてくれました。

 私たちが泊まったのは、ベットがふたつと畳のコーナーがある部屋です。景色は山側 でした。適度な広さで気持ちよくすごせました。

 夕ごはんは、ザ・ロッジにあるイタリアンレストランでコースディナーをいただきました。 2500円というリーズナブルな料金にもかかわらず、一品一品がおいしくて感激!  素材も地のもの旬のもの。 特製のパテをホームメイドのパンにつけて食べたものが、最高においしかったです。 サービスをしてくれたスタッフの方の対応もとても気持ちよく、充実したひと時をすごしました。

 圧巻は、エッジレスプール。空と海とプールの青がグラデーションになってほんとうにきれいです。 晴天だったら、絶対プールに入ったのに!  曇っていたのと、家族連れが楽しそうに過ごしていたので、今回は眺めるだけにとどめました。

 翌日は送迎バスで高速鳴門へ行き、そこからタクシーでJR鳴門駅に向かいました。
 名物徳島ラーメンの店を運転手さんに聞いたところ、鳴門駅から徒歩8分くらいのところにある「いのたに」を教えてくれました。 とてもおいしかったので、ご報告しておきます。

   




平成13年6月8日(金) エクシブ鳴門  by K.T.
(エクシブ鳴門の案内

 エクシブ鳴門へ行ってきました。前日はユニバーサルスタジオジャパンで1日過ごし、梅田のホテルグランビア大阪(アソーシエイトホテル)・・・ この他にもオフィシャル、アライアンスというランク分け?がされているが、正直言って近鉄と京阪以外のホテルはユニバーサルスタジオ000ホテルのネーミングには便乗商法臭さを感じます。
 さて当日昼までUSJですごし午後は梅田からハイウェイバスに乗りエクシブへと向かいました。 高速鳴門という駅で降りエクシブの送迎バスを待ちました。20分ほどでお客を一人乗せたバスが到着し、客をおろすと我々に声をかけるでもなくそのまま車を止めたまま客を駅まで送りに行きました。 我々(10人ほど)ともう一名のバス待ちの客は熱い中(当日は晴天で30度を超えていました)さらに15分ほど待つ羽目になりました。 かってにバスに乗っていればよかったのですが(あいにく私はおくゆかしい?)・・・。 フロントには前日人数と時間を伝えておいたのですが一言「乗車してお待ちください」と言えないものかと思いました。 ルネッサンスリゾートのバスは手際よくてきぱきと職務を遂行して客の送迎をしており大変うらやましかった。

 さてバスは約30分ほど走り待望のエクシブにつきました。 鳥羽の様に広大な敷地に宿泊棟、クラブハウス、浴場棟に別れておりました。 しかし各施設間は遠くあるいてはゆけません。鳥羽なら本館から風呂は歩いてすぐなのですが…。 そして何より私が気にいらなかったのはその配置でした。 宿泊棟からバスは直接風呂には行かず、必ずクラブハウスを経由するのです。 ゴルフをしない私には迷惑そのものです。 しかしそもそもゴルフ場を売り物にしているエクシブなのでゴルフ客優先の設計はあたりまえかも。 要するにゴルフをしない人にはいまいちかも。 朝食もクラブハウスだったので朝から風呂と食事と別々の棟に行くのはちょっと面倒でした。

 夕食は和食でした。6000円のコースでしたがなかなかおいしくスタッフも親切で気持ちよく食事できました。 しかし量は少なめでした。朝食はバイキングで量も種類も多く文句なしでした。

 肝心のお風呂ですが込み具合が部屋のモニターから確認できるのですいてる時を目指していけます。 最近はこういうサービスをするところが増えつつありよいことです。 浴槽は大浴場、露天ジャグジー、等がありました。敷地は広いですが施設は小規模です。 しかし宿泊人数もその分少なく鳥羽や琵琶湖のようにごった返したような雰囲気はなく時間がゆっくりと流れていくように感じました。 しかし渦潮と大塚美術館以外にめぼしい観光施設がなく本州から離れてもおりリピーターにはならないでしょう。 しかし2泊以上で旅行される方は淡路島と組み合わせて利用される方も割と多いようです。





 ・宿泊体験談のコーナーに戻る

 ・ホームページに戻る

 ・お得な一般のホテルやお得な航空券、高速バス等の予約はこちら



 このページについてのお問い合わせは、E-mail でお寄せ下さい。


2001年8月25日より
件目のアクセスです。