宿泊体験談



平成12年12月31日(日)〜平成13年1月1日(月)エクシブ軽井沢 by A.K.
(エクシブ軽井沢の案内

 当初は1月1日の一泊のみを予定していましたが、12月31日も利用できる事になり、 「タナボタ」的に年末年始をエクシブで過ごすこととなりました。
 今回の旅行は、「なにもしないでゆっくりすること」が目的でした。 目的は無事果たされ(笑)、本当になにもしない3日間でした。 食べて寝て、たまに泳いで、寒いなか散歩して、お茶のむぐらい。 暇なあまり売店でトランプを買って、部屋でやったりしてました。 まあ普段は夫婦共働き+子育てで忙しい毎日を送っているので、なかなか新鮮でしたけど。
 でもまあ、一般的に言えば、スキーもしない冬の軽井沢で2泊3日は、ちょっと退屈かもしれません。 近場で出かけられるところと言えば、軽井沢プリンスのアウトレットぐらいでしょうか。 帰りにちょっとだけウィンドウショッピングしてみましたが、なかなか楽しかったです。とにかくやたら広くて、やたらたくさんお店がある。 私は買い物にあまり詳しくないので、高いか安いかはよく分かりませんでしたが。 レストランもいろいろあるようなので、半日ぐらいは暇がつぶせそうです。
 そんなわけで、あまり参考にならないかもしれませんが、ホテルの中でちょっと気がついたことを項目別に書いてみます。

<部屋>
 フロントから多分一番遠い、4号館の2Fで、食事やプールの行ったり来たりがちょっと大変でした。 窓を開けると遠くに山並が見渡せますが、近景はにごった溜め池と駐車場というちょっとトホホな風景ではありました・・・。
 部屋の作りは、以前行ったことのある山中湖エクシブと同じ和洋室でしたが、若干広いような気がしました。 普通のホテルと違って、照明が明るいのが嬉しかったです。
 昼間の眺めはあまり良くなかったけれど、夜ベランダに出ると文字どおり満天の星。 久しぶりに天の川を見て、冬の軽井沢ならではの贅沢だなあと感激しました。

<食事>
 食事は1日目の夜は6500円の会席、2日目は3000円のイタリアンを予約していました(どちらも年末年始は普段の500円増しだということです)。
 会席は前菜・茶碗蒸し・お刺身・ぶりの照り焼き・小さい鍋料理・鮟鱇の天ぷら・酢の物・ご飯・みそ汁が出ました。 私は3歳の子どもと一緒に食べましたが、かなりの量でした。
 3000円のイタリアン(通常は2500円)のコースは、メニューをもらってきたので詳しく書くと、
  • ピーマンのコンフィリコッタチーズ詰めバルサミコ風味
  • コンキリエッテ入り大麦と野菜のスープ または 筒型パスタのアマトリチャーナ
  • アンコウのムニエル香草バターソース または ひな鳥のグリル
  • デザート
  • コーヒー
 スープとパスタ、肉料理と魚料理はどちらかの選択でしたが、 私も連れ合いも小食な方なので十分でした。 たくさん食べる男の人だと、ちょっと物足りないかもしれませんが。 3000円のチリワインを一本とって、飲みきれなかった残りは部屋でいただきました。
 朝食はお正月のせいか、和朝食がすでに予約でいっぱいで、一人1600円(子どもは500円)のバイキングとなりました。 時間は7時から10時だったのですが、9時半ごろゆっくり行ってみるとテーブルがいっぱいで、何組かが入り口で待っていました。 やはり特にすることもない冬の軽井沢ということで、スキー以外の人はゆっくり朝寝をしていたのかも・・・。 お正月らしく、普通の和洋食の他に、お雑煮やお節料理風のものもいろいろ並んでいました。

<ホテル内の年末年始のイベント>
 年末年始ということで、ホテル内でもちょっとしたイベントがありました。
  • 大晦日のカウントダウン(シャンパンつき)
  • 年越しそばの無料サービス(22:00〜23:00)
  • 餅つき大会(1/1〜4、無料)
  • ビンゴゲーム(12/30〜1/5、1枚500円)
  • 子供向けの輪投げ大会、かるたとり大会など。
 あと、小さな宴会室を一部屋「お子様広場」として開放して、おもちゃを置いたりビデオ上演などをしていました。 年越しそばと餅つき大会に行ってみました。 餅つき大会は、小学生ぐらいの子どもだったら実際に杵を握らせてもらえるので、なかなか楽しそうでした。 つきたてのお餅はとても美味しかったです。

<プール・スパ・ジム>
 滞在期間中の共通パスポートが一人1000円でした。 プールとスパを何度か利用しました。
 プールは6コースの25メートルプールとジャグジーが一つで、子ども用プールはなし。 子どもは500円のレンタル浮き輪を借りて大人用プールであそばせました。
 スパはあまり大したことがなかったです。お風呂の他にサウナが一つ、ジャグジーが一つですが、あまり広くないし、洗い場も少ない。 まあ泳いだあとに体を暖めるという程度でした。

<その他気づいたこと>
 31日の夜11時過ぎにフロントから電話がかかってきて、翌日の夕食の時間を何時にするか確認されました。 ちょうど子どもの寝かしつけの最中だったので、やはりこれはチェックイン時に確認するか、電話するにしてももう少し早い時間にしてほしかったなあと思いました。
 それでも、従業員の人たちは全般的に感じがよかったです。 人手が足りなくて手際がよくなかったり、いかにも慣れていないアルバイト風の人がいたりして、「接客のプロ」という感じは足りなかったかもしれないけれど、誠意のある対応が多くて気持ちよく過ごせました。

 おまけですが、帰りの東京行き「あさま」で、田中康夫長野県知事と同じ車両になりました。 だから何だって感じですが。


<ホームページの主からのコメント>
 冬の軽井沢で(スキーもせず、車でもなく)2泊もするのは、普通なら「何もする事がないので、やめておいた方が良いのでは・・・」とアドバイスする所ですが、年末年始はホテルで色々とイベントがあるので、それなりに面白かったのではないかと思います。
 エクシブ軽井沢の大浴場は、エクシブ蓼科やエクシブ白浜などと比べると貧弱で、それも大浴場に入るだけでも滞在期間中1人1000円の入場料を払わなければいけないのは少し納得できない所です。
 部屋はフロントからは遠かったかも知れませんが、『防音性が悪い』と悪評の3号館ではなかったので(他の人に迷惑をかける事も、また、あまり気を使う事もなく)良かったのではないかと思います。





 ・宿泊体験談のコーナーに戻る

 ・ホームページに戻る

 ・お得な一般のホテルやお得な航空券、高速バス等の予約はこちら



 このページについてのお問い合わせは、E-mail でお寄せ下さい。


2001年1月15日より
件目のアクセスです。