宿泊体験談



平成10年6月18日(金)19日(土) リステル猪苗代  by M.M.
(リステル猪苗代の案内

 1999年6/18(金)〜20(日)の2泊3日で、リステル猪苗代へ行きました。 目的は猪苗代湖でのウインドサーフィンである。 なので、ウインドサーファー的観点のレポートになっているので御了承下さい。

 メンバーは計画当初11人だったのだが結局6人で行くことになった。 18日(金)に会社を休んで行くはずだったのだが、突発の仕事が入ってしまい、私と妻の2人だけ仕事を終えて夕方から東京を出発することになった。 (後の4人は予定通り金曜日は会社を休んで朝から行っている) ところが、仕事がはまって出発が遅れる。結局9:00pmに出発となった。 でもすでに都心も空いていて、ほとんど渋滞にはまることなく東北道へ入れた。 しかし。。。それからが長い! 長い!! ながぁーーーーーーい!!! やっぱり猪苗代は遠かった。 結局那須を過ぎた辺りで仕事の疲れでダウン。サービスで仮眠することとなってしまった。 結局リステル猪苗代へ着いたのは3:00am頃になってしまった。

 リステル猪苗代は、磐越自動車道、猪苗代磐梯高原インターを出て車で5〜10min.程度である。 他のレポートにも出ているが、夜中に到着してもリステルの明かりがすぐに見えるので、地図を見ながらというより、その明かりを頼りに行った方が分かり易いかもしれない。 なので、インターからリステルまでの道はかなり暗い道ではあったが、特に迷うでもなく行き着くことができた。 ただ、迷うとしたら猪苗代磐梯高原インターを出てからではなく、東北自動車道と磐越自動車道とのジャンクションのほうが迷ってしまった。 行きは東京から向かったので東北道から磐越道へと入っていくのだが、磐越道の行き先表示が、1方は[新潟方面]と表示されており、もう1方は[いわき方面]となっている。 私は猪苗代の位置をハッキリと把握していなかったため、なんとなく感覚的に新潟とは方向が違う気がして、いわき方面に行きそうになってしまった。 しかし、猪苗代磐梯高原インターは東北道から向かって新潟方面にあるので気をつけた方が良い。

 リステル猪苗代は超ー高級ホテルだった。 本館、ガーデンコート、ウイングタワーと3つの建物に分かれているのだが、今回泊まったのはガーデンコート(テニスコートではない)。 本来は本館に宿泊のはずだったのだが、他のリステル猪苗代のレポート同様「本来、ご紹介の方は本館なのですが、現在ボイラー点検を行っているため、ガーデンコートにご宿泊願います。」と言われガーデンコートになった。 うーーーん、なぜだろう? いつもガーデンコートに変更させられる理由が、ボイラーの点検なのが気になる???  しかし、どうもガーデンコートの方が綺麗らしいしので、変更になってラッキーではある。 さらになにより、従業員の方の接客態度がものすごく親切で非常に気持ちが良い。これはなによりも大事なことだと思う。 どんなに綺麗で豪華なホテルでも、やはり従業員の接客態度の悪いところには、もう行く気がしないものである。

 部屋は広く綺麗で、テレビ、有線、キッチン、冷暖房すべてが揃っており、すべてにおいて清潔である。 お風呂はユニットが各部屋に付いているが、是非ウイングタワーにある露天風呂つきの大浴場に行って貰いたい。 これは最高だった…昼間のセイリングで疲れた体には何とも言えず心地よい。 体が芯から温まり疲れがとれる。この大浴場には行かなきゃソンである。 さらに到着した時には夜中だったのでわからなかったが、朝カーテンを開けてみると景色がこれまた最高である。 猪苗代湖のすぐ近くで、小高い場所に位置しているため、窓から湖が見える。部屋の窓もかなり大きな作りで、開放感がすばらしい。 ただこれはガーデンコートの上のほうの部屋でないとダメかもしれない。 他の建物からも、上記の景観は望めそうな気はするのだが、泊まったことがないのでなんとも言えないところである。 っと書いてみると、かなりリステル猪苗代のレベルが高く、気持ちの良いホテルであることがわかっていただけると思う。
 今回はエメラルドグリーンクラブの宿泊利用券を使用したため、1泊3500円/1人(食事無し)程度で泊まれた。 これは3500円という金額から感じられる以上の割安感である。

 特にこれといった気に触る点はなかったのだが、強いて上げてみると、(1) エレベーターの中に芳香剤がセットされていたのだが、その臭いが強く出過ぎていたのが鼻についた。(2) 寝る時、マットレスがなかったため、背骨が痛かった。しかし翌晩に、敷き布団を2枚重ねにすることで解決。(3) ガーデンコートからウイングタワーにある大浴場へ行くためには、一度外に出る必要がありチョット不便だった。しかし、歩いて1min.しか離れていない。 っといったところだが、どれもたいしたことはなく、贅沢病とも診断できる程度である。

 次にウインドサーフィンに関してだが、先にも述べたようにリステル猪苗代から猪苗代湖は車ですぐである。 目的がウインドサーフィンなので、これは嬉しい立地条件である。 さらに、ウィンドサーフィンのできる浜は、すぐ近くにある青浜がお勧めである。 リステル猪苗代を出て、インターの乗り口を突っ切り、湖に出て左に曲がる。 湖畔の道というわけではないが、湖にほぼ沿った道を500〜1000m行くとローソンが道の右手にある。 道路はかなり見晴らしの良い道なのですぐに見つけられると思う。 実は、このローソンまで行くとすでに行き過ぎているのだが、そこらへんのどの道でも良いので細い道を右手(湖側)に曲がる。 もしかしたら行き止まりになってしまうかもしれないが、とにかくメインの湖沿いの道から湖畔に出る道は細く、なにも目印らしき物の無い所を入って行くしかない。 湖畔に出ると、湖畔沿いに細い道が通っているので、青浜にあるウインドサーフィンのスクール用倉庫を探しながら、その道を少しインターの方向に戻れば浜に到着である。 車は浜に乗り入れ可能で、セッティングスペースは十分にある。 先に青浜に来ていた人間がバーベキュ−をしていた。 さらに、それを警察の車が来て見ていたのだが、なにも注意しなかったことから判断して、バーベキューも禁止されていないようである。
 猪苗代湖には青浜の他に、小石ヶ浜というウインドサーフィンのできる浜があるらしいのだが、今回はその浜へは行かなかった。 リステル猪苗代に宿泊の場合は、近いという理由でまずは青浜に行ってみることを勧める。 猪苗代湖は、とにかく水が綺麗で気持ちが良い。 時期が6月だったためかもしれないが、人も少なく自由にセイリング出来るのが魅力的である。 さらに、青浜は遠浅でそこそこ出ても腰ぐらいの深さなので、初心者の練習にも最適である。 水温は、天気がチョット曇りだったこともあり多少冷たく感じたが、セミドライを持っていればまるで問題はない。 すぐ近くに、お世辞にも綺麗とは言えないがトイレもある。 また、食料は先ほど述べたローソンで購入するのがベストである。 湖なので当然波は立たず、ウェイバーの人には物足りないとは思うが、 私達スラローマーには非常に楽しいゲレンデであった。

 次にリステル猪苗代周辺である。宿泊に食事がついていないため、外で食べるか?、またはリステル内のレストランで食べるか?、キッチンがついているので自炊か?、のどれかで食を確保する必要がある。 私達は自炊のめんどくささに負け、リステル内のレストランは高級そうなのにビビリ、外に食べに行くことにした。

店1:デニーズ
 リステル猪苗代とインターの間にデニーズがある。 とにかく誰も猪苗代に行ったことがなかったため、まるで土地勘のないメンツには、ファミリーレストランが頼りになる。 言わずと知れた、普通のファミリーレストランである。

店2:アンジェロ
 イタリアンレストランである。 インターから猪苗代湖沿いのメイン通りに出て、青浜と逆の、右に曲がった500m程度の所にある。 写真の看板が大きく出ているので見つけやすいと思う。 このお店はかなり当たりだった。お勧めである。
 まず、非常にお店の雰囲気が良い。よくリゾートにある、小綺麗でセンスの良いレストランである。 そんなに広くない店内に大きな吹き抜けがある。そのため1階は天井が抜けてる感じで、開放感イッパイである。 また私達は2階に通されたのだが、こちらは1階と違って、綺麗な洋館の隠れ部屋のような雰囲気で、非常に落ち着ける空間になっていた。 私達は2日目の夕食に行ったのだが、昼間のセイリングでかなりお腹が空いていたため、激しい量を注文しワインまで頼んでしまった。 しかし味も美味く、そしてなんといっても安い! 6人腹一杯食べて、ワインまで飲んで、1600円チョイ/1人だった。 あの店は大切にしなければ!っと思ってしまいました。

   
(画面をクリックすると大きな画像で表示されます)

店3:三城
 猪苗代の名産であるお餅を食べさせてくれる食堂。 やはりメインの湖沿いの通りで、上述のアンジェロのすぐ近くにある。 道を挟んだ正面に、大きなガラス&地ビール展を開いている会場があるので、これまたすぐに見つかると思う。 この店は地元の名産品を食べたいと思い行ったので、当然お餅を食べた。 大きめのお餅が3ヶ、それぞれ違う味付けがされているセットが何種類かあり、確か どれでも600円だったと思う。 お餅が大きいので、女の人ならかなりお腹はイッパイになる量である。 私はそれにソバを頼んだのだが、正直ソバはそれほど特筆するものではなかった。 値段も1200〜1800円と高めだったので、やはり三城に行ったらお餅のセットが丸だと思う。
 以上で今回は2泊3日の食を確保した。しかしもっと良く探してみれば、猪苗代は結構米沢も近いので、米沢牛を食べさせてくれるお店もあったのではないかと思う。 次回行く機会があったら、是非探してみたいと思っている。

 最後に、今回宿泊利用券を安く譲っていただいた『HPの主』さんに感謝いたします。 ホントにありがとうございました。 一緒に行った一同、また今回いけなかった仲間も是非またリステル猪苗代に行きたいと言っています。 またその際にはお世話になると思いますので、ヨロシクお願いいたします。 m(_ _)m


<ホームページの主からのコメント>
 『宿泊体験談』というネーミングが悪かったのか、ホテルのレポートが中心の人が多いですが、読む方にすれば、ホテルのレポートは1人あればだいたい様子はわかるので、むしろ、近くの観光スポットやレジャースポットのレポートを参考にしたい人は多いと思います。
 猪苗代湖(ウィンドサーフィン)のレポートをしてもらったのに、猪苗代湖(ウィンドサーフィン)の写真がないのが少し残念です。




 ・宿泊体験談のコーナーに戻る

 ・ホームページに戻る

 ・お得な一般のホテルやお得な航空券、高速バス等の予約はこちら



 このページについてのお問い合わせは、E-mail でお寄せ下さい。


1999年8月1日より
件目のアクセスです。