宿泊体験談



平成13年6月22日(金) エクシブ初島クラブ  by K.S.
(エクシブ初島クラブの案内

クリックすると大きな画像で表示されます!  梅雨の真っ盛りでしたが曇天ながら雨が降らず楽しく行ってきました。 駐車場のこともあり、今回は、新幹線で行くことにしました。 事前にエクシブ初島からパンフレットを取り寄せ、初島行きの船の時刻を調べてましたが、 パンフレットの時間が間違っていて1時間位熱海港で待ちました。 出発の前に船会社(富士急興行0557-81-0541)に直接電話をして確認すべきだったと反省しています。

 熱海港で船を待っているあいだにエクシブの係りの方から、荷物に付けるタグを貰いました。 タグには、部屋番号と名前が記入されていました。 初島に渡る船は、大変スマートな船(イルドバカリス三世号)で快適な海の旅(23分)でした。 途中、イルカには会えませんでしたが、飛魚がしきりに飛んでいました。

クリックすると大きな画像で表示されます!     クリックすると大きな画像で表示されます!

 初島港に着くとエクシブのバスが迎えにきておりすぐに乗車をしてホテルに向かいました。 バスを降りる時にタグの付いたバゲージを係りのホテルマンに渡すと部屋まで届けてくれました。(エクシブでは始めて) ホテルのエントランスは広々としており、客室も吹き抜けになっており開放感がありました。 規模は違いますが以前に行ったハワイのイヒラニリゾートホテル(日航のホテルだったが今は売却したようです。)を思い出しました。

 今回の旅行は湯遊楽々プラン(11,500円)2名で予約をしましたので、室料の差額3,500円が発生し、一人15、000円でした。 チエックインも順調に終わり早速、部屋(628号室)に行きました。 部屋は広々としておりリビングにバーカウンターも付いており、ベランダからは、海が一望できました。

クリックすると大きな画像で表示されます!     クリックすると大きな画像で表示されます!

 施設はレストランが4箇所で(日本料理、中華料理、創作フランス料理、シーフードイタリアン) 他にティーラウンジ、スカイラウンジがあり、温泉大浴場、カラオケルーム、ゲームコーナー、 ブティク、ショップ、プールはインドアとアウトドア)、パターゴルフ、テニス、と色々ありました。 (プールの利用代金は1,000円)

クリックすると大きな画像で表示されます!  8階の展望風呂(サウナもあります)は温度も私には適温でゆったり時間をかけて入浴しました。 露天風呂からは海が一望でき、空にはトンビが滑空しておりここで餌を投げれば面白いなーと変な事を考えながら、 自分自身もリラックスできました。風呂場も広く何より良かったことは、 脱衣場と整髪するスペースがたっぷりしており入浴する人への気遣いを感じました。 水がこの島で一番大切なものですと、お風呂係りの人が教えてくれました。
 夕食は8時から中華料理をいただきました。(予約時和食は一杯でした) 会席風で少しずつ数種類順番に食べましたが味は普通でした。 食事時間が8時からとはいくら混んでいるかしらないが遅すぎで不満です。(フロントで一方的に言われた)
 朝食は1階の創作フランス料理(オセアノ)でバイキングでした。 これは料理の種類(和・洋)も多く楽しく食事ができました。(満足でした)
 熱海への船の便が朝は少なく9時にチェックアウトをして、40分にホテルから港に行くバスに乗り、帰宅しました。 (便利だったのは、船の到着に合わせて熱海駅行きのバスがありました。220円)
以上

 参考ですが残念なことがありました。
  1. 熱海港からエクシブまで派手なギャルとおじさんとの不自然なカップル(5人)がおり、ホテルでもイチャイチャして目に余りました。 健全(家族での)なリゾートを目指すエクシブとしては非常に良くない客でしょう。
  2. 相変わらず団体客がいました。

<ホームページの主からのコメント>
 せっかく、エクシブ初島からパンフレットを取り寄せたのに、 パンフレットの初島行きの船の時刻が間違っていたとはサービス業として合格点をあげられないでしょう。 変更があったのなら、その旨、明記するべきでしょう。
 エクシブのホテルでは、レストラン部門が好調で大きな黒字を出しているとの事ですが、 このレポートを読みますと、忙しいハイシーズンなら仕方がないとして、梅雨の時期の金曜日なのに、 レストランの利用時間を限定されたのは、小人数で合理化している為と思われますが、 不満を持つお客がいる以上、『ホテルとしてのサービスとは何か?』という事を考える必要があるでしょう。
 最後に、あちこちのエクシブのホテルで客層の事が問題になっているようです。 『会員制のホテル』というのは『おじさん』が『派手なギャル』を誘うのに格好の口説き文句になるのかも知れませんが、 リゾート会社としても何らかの対応を考えて欲しいものです。
 リゾート会社の幹部がホテルに視察に行くとお客をそっちのけで幹部の接待にあたるそうですが、 そんな事に尽力するより、もっと他にやるべき事があるのではないかと思われます。 業績が好調で儲かっている時こそ、諸々の改善や改革に取り組める時期と考えるべきでしょう。




 ・宿泊体験談のコーナーに戻る

 ・ホームページに戻る

 ・お得な一般のホテルやお得な航空券、高速バス等の予約はこちら



 このページについてのお問い合わせは、E-mail でお寄せ下さい。


2001年7月2日より
件目のアクセスです。