宿泊体験談



平成10年2月5日(木) リゾーピア箱根   by K.Y.
(リゾーピア箱根の案内

 2月5日(木)の夜に、親子3人で1泊しました。子供はまだ1歳9ヶ月です。宿泊券購入の手続き等が分からずご迷惑をおかけしましたが、なんとか宿泊することができました。
 車で行ったのですが、場所が奥まっていてさらにとても急な坂道が延々と続き、とても不安な気持ちで探しました。でも中強羅駅からすぐ目の前なので、登山電車で行く人には便利かとも思いました。
 我々は15時半にチェックインしました。子供が小さいのであまり車で移動していられないこともあり、早めに入ることが多いのです。
 食事は中で取らなかったので分かりませんが、夕食の場所は「串揚げ」のお店だけだったこと。開店が19時〜22時で我々には遅めだったこと。で利用しにくいと感じました。 あと驚いたのは、同じ店が22時〜24時まで夜食用のラーメン屋になることでした。メニューによるとそのラーメンは650円だそうです。味・量は未確認。
 ありがたかったのは、卓球のキャンセルをしてくれたことです。18時ごろにはお風呂(少しぬるめ)にも入り暇だったので、30分間500円の卓球を妻とやることにしたのです。が、子供がゲームコーナーに興味を持ち、10分ぐらいでやめてしまいましたが、ちゃんと無料にしてくれました。

 あと大変だったのは、部屋がベットだったことです。我が家は畳に布団なので、彼(子供)にとっては、初めてのベットでした。彼は妻と一緒に寝たのですが、シングルベットだったこともあり、一晩に3回も転げ落ちました。落ちた本人も最初はびっくりして泣きもせず、目を丸くしていました。 そんなこともあり、何度か泣きじゃくる場面がありました。気になったのは隣の部屋にその泣き声が聞こえないかでした。親としてはあやしてみたりいろいろやっているのですが、ご迷惑を掛けた方々ごめんなさい。
 最後に宿泊料金ですが、今回は宿泊券2,000円と、当日3,150円(税込み)の2人分で、合計10,300円でした。 料金の話に付け加えると、案内では卒業旅行プランとして、1泊2食9,800円(そう言えば、ホテルでは卒業旅行と思われる女子学生の集団が目立ちました)。その他にも10名以上の団体1泊2食カラオケ1時間で12,000円〜15,000円だそうです。調べればいろんな利用の仕方があるものです。
 とても楽しい経験をさせていただきました。ありがとうございました。

<ホームページの主からのコメント>
 開店が19時〜22時という夕食の場所は、A館1階の大浴場の入り口にあるラーメン専科『華』(予約不要)の事だと思いますが、他に4階にレストラン『樹林』、ステーキコーナー、3階に日本料理があるとの事です。
 ベッドはエクシブの各ホテルはセミダブルですが、サンメンバーズやリゾーピアの各ホテルはシングルで差がある(差をつけている)みたいです。1〜2歳の子供でも、寝具を使わないと無料だが、別に寝具を使うと大人と同じ料金になるので、その辺は少し納得がゆかない所があるかも知れません。
 会員には年4回、各ホテルの企画(卒業旅行や都おどり観覧、ゴルフやテニスのパックなど)を載せた会報が届きますが(私の怠慢で)紹介していません。特に平日の利用にはお得な企画が用意されているので、予約時に《ホームページの主》やホテルの予約担当者に聞けば案内してくれます。 今回に懲りずに(?)、また、利用してみて下さい。




平成9年12月23日(天皇誕生日) リゾーピア箱根   by K.S.
(リゾーピア箱根の案内

 12月23日(火)は、今シーズン一番の寒さで東京は初雪が降る程の天気の中、リゾーピア箱根へ行ってきました。以前に見たパンフレットにリゾーピア箱根主催のクリスマスパーティがあるのを知り何年かぶりに夫婦で参加をするために行くことにしたのです。 会社の同僚に一杯飲んでいるときに話したら「俺も夫婦で行くから一緒に連れて行ってくれ」との話がまとまって一緒に行くことになりました。残念ながらリゾーピア箱根には時間もなく宿泊することができず、友人夫婦はリゾーピア箱根の近くにあるラフォーレ強羅に宿を取って、リゾーピア箱根主催のクリスマスパーティに参加することにしました。
 昼に我が家に友人夫婦が辻堂から来て、車2台で小田原を出発しました。途中、箱根登山鉄道の入田駅にある神奈川県立「生命の星・地球博物館」(入館料大人、510円)に立ち寄り色々見学をしましたが、大変面白く、小さい子供を連れてくれば喜ぶと思いました。 博物館を出てみぞれ混じりの雨の中、友人が宿泊するラフォーレ強羅に向かいました。

 ラフォーレ強羅は会社の保養施設になっており、友人はここに宿泊することにしたのです。ラフォーレ強羅のロビーは明るく豪華で雰囲気も良く、友人はフロントで宿泊する302号室の鍵を受け取り部屋に行きましたがボーイの案内はありませんでした。部屋は1ルームで狭くがっかりしました。 前に宿泊した友人から良かったと聞いていたので余計に残念でした。ホテル全体の施設は3階建てで駐車場も宿泊者分が無いように思えるぐらい狭く私には貧弱に見えました。

 リゾーピア箱根主催のクリスマスパーティの時間も迫っていましたので、早々に友人夫婦を私の車に乗せてラフォーレ強羅から2分ぐらの所にあるリゾーピア箱根に向かいました。 チックインは4時半頃にしました。リゾーピア箱根は早雲山ケーブルカーの中強羅駅に隣接されており、急な坂道を登る高台に中世のお城のような感じで聳え建っていました。 ロビーは豪華なクリスマスツリーが飾られ、楽しい雰囲気に満ちあふれていました。フロントの接客態度も良く好感が持てました。
 フロントから貰った鍵を持ってA館の5階514号室に皆で一緒に行きました。部屋は広くベットルームに四畳半の和室が付いており勿論応接セットもあり、ゆったりした作りになっていました。ただ鍵が一つしかなく、これが後で問題になりました。
 リゾーピア・エクシブ等で、いつも感心することですが、冷蔵庫の飲み物や館内の自動販売機が安いことです。良いことは、何時までも続けて欲しいものです。
 リゾーピア箱根は団体客もいなく本当のリゾートホテルの良さを感じました。 部屋からの景色も目の前に夏の旧盆(8月16日の夜)に行われる有名な送り火をする明神ガ岳(大文字山)があり感激しました。

 リゾーピア箱根主催のクリスマスパーティはバイキング式で一人 8,000円、飲み放題は 1,500円の追加が必要でした。 クリスマスパーティの開始は5時30分からでそれまで皆で缶ビールを飲みながら談笑して開始時間を待ちました。
 開始時間丁度に会場の6階コンべくションホール「シンプロン」に行きました。会場はクリスマスの飾りとイルミネションで雰囲気は満点で、子供達の興奮が伝わって来る感じがしました。子供と女性が多く楽しいパーティになるような予感がしました。私たちも気分よく席に案内されて着きました。
 接客する人たちは、クリスマスのコスチュームを着ていました。料理も豪華でどれを食べようか迷うぐらいでした。私たちは、まずシャンパンで乾杯をしてから、料理を取りに行きました。バイキングの上手な食べ方は少しずつ何回も取りに行くのがルールです。 宴も進み手品のアトラクションの後、ビンゴゲームがあり友人夫婦に洋酒が当たり私たちも地酒が当たりました。飲み放題でいただいたワインのローゼを持って部屋に戻り2次会で飲みました。箱根の今夜の冷え込みは非常に厳しく深々としていました。

 友人夫婦をラフォーレ強羅に送りがてらラフォーレ強羅の温泉はどんなか興味があり、お風呂に入りに行くことにしました。朝と夜で女風呂と男風呂が変わるシステムになっており、私が入ったときは男風呂が小さい番だったようで露天風呂も狭く、あまりよくありませんでした。風呂上がりにゆっくり歩いてリゾーピア箱根に戻りました。

 部屋で暫くのんびりていると嫁さんが風呂に行ってくると部屋を出ていきました。私はテレビを見ているうちについ、うたた寝をしてしまい鍵を持って出なかった妻はオートロックのドアは開けることが出来ず困ってしまいました。一人一人鍵が有るとよいと思いました。

 翌日は、5時に起きてお風呂に行きました。温泉も2種類あり一部がジャグジーになっており十分楽しめました。サウナもありました。朝1,500円のバイキングを食べたあと、売店に寄ってお土産を買いました。 チックアウトは11時ですがラフォーレ強羅のロビーで9時30分に友人夫婦と待ち合わせをしていましたので少し早めにホテルを出ました。 今日は昨日と違いよい天気で箱根の山も頂上付近は白くなっていました。車にも霜が降りておりまるで雪が積もっているようでした。 仙石原の「箱根ガラスの森」に行きました。ヴェネチアン・グラスが多数展示されて、楽しく見学しました。昼は敷地内にあるカフェテラッツアでイタリアンコーヒーを飲みながら本場カンツォーネを生演奏で聞きながら楽しい一時を過ごしました。帰りは雄大な仙石原を通り間近に富士山を見ながら帰りました。

 私が宿泊した三カ所(エクシブ伊豆、リゾーピア熱海、リゾーピア箱根)の中で今回のリゾーピア箱根が施設、温泉、ロケーション、接客サービス、食事、価格等どれを取っても良かったです。 また、ラフォーレ強羅と比べても数段、リゾーピア箱根の方がランクが上と思いました。次回は大文字送り火を見に行きたいと思い8月16日の予約状況をフロントで確かめましたらもう満室でした。たぶん、いつも宿泊する方が来年も宿泊するために予約をして行くのでしょう。

<ホームページの主からのコメント>
 部屋の冷蔵庫の飲み物は確か3〜4年前までは 150〜200円くらいで、値下げされて 120円(冷蔵庫の飲み物代にも10%のサービス料が加算される)になりました。 数年前に宿泊料が 2,000円から3,000円に値上げされたので、その頃の事を知っている人間にとっては交換条件という印象があります。 冷蔵庫の飲み物は高ければ利用しないだけですが、館内の自動販売機の飲み物が普通の路上の自動販売機と同じ値段というのはやはりうれしいし、得した気分になれます。
 『リゾーピア箱根はラフォーレ強羅よりもレベルは高い』という評価をいただいて、ホームページの主としても少しばかり鼻高々です。





 ・宿泊体験談のコーナーに戻る

 ・ホームページに戻る

 ・お得な一般のホテルやお得な航空券、高速バス等の予約はこちら



 このページについてのお問い合わせは、E-mail でお寄せ下さい。


1997年12月4日より
件目のアクセスです。