宿泊体験談



平成14年10月5日(土) エクシブ琵琶湖  by K.T.
(エクシブ琵琶湖の案内
 京都から琵琶湖の小旅行にて

 10月5日 朝早くに家を出て、名神の小牧ICから京都東ICまでノンストップで行きました。 休憩がなしだった為か最初の目的地、清水寺にはずいぶん早く着きました。 清水寺は修学旅行生や外人さんでいっぱいでした。 紅葉にはまだ早く、もう1ヶ月も後に来れば綺麗な紅葉も見れただろう・・・と思いました。
 それから、会社の同僚に教えてもらった京都で有名なお好焼き『じゃんぼ』へ行きました。 等持院の側にあり、混んで居る時はお店の外まで人が並んでしまうほど・・・ 私が行った時は、ちょうど昼時にもかかわらず運が良かったのか待たずにすみました。 お店には、ハイヒールモモコや野球選手、その他にもいっぱいの有名人のサインが飾ってありました。 私が食べたのはそのお店の名物のじゃんぼ(お好焼き)と普通の焼そば、 2人では食べきれないほどのお好焼きを目の前でお店の人が焼いてくれる。 味は・・・美味しい!! 結構な量だから、見た目でお腹がいっぱいになってしまうけど、中はふんわりしていて食べやすかった。 また京都に行った時は、是非足を運びたいお店だ。
 お腹も満腹になったところで、今回の旅行のメイン『エクシブ琵琶湖』へ行きました。 普通の旅行なら、観光がメインになるはずだが、今回の私達の旅行のメインは観光ではなくホテル。 1年前に行きたいねって言ってからの夢がやっと叶ったのだ。
 その夢のエクシブに着き、まずチェックインをしました。 入り口は道路の反対側、大きい木で出来た自動ドアを通ると豪華なロビーがありました。 フロントで、前もって電話予約していた夕食近江亭の予約の時間を聞かれました。 予約が沢山入っているらしく、5時か8時30分しか空いてないとのことで、夜は外出したかったので、少し早いが5時の予約にしました。
 ロビーを抜け、エレベーターに乗り904号室が私達の泊まる部屋でした。 MEDIUMグレードの部屋で、中には和室の空間もあり、南側の部屋だったので、 ちょうど窓の外を見ると右手に琵琶湖を一望する事ができました。 夕食の時間まで部屋でのんびり過ごし、5時ちょうどに近江亭へ行きました。
 近江亭の店員さんの接客ぶりには驚きました。 さすが高級ホテルなだけあり従業員の教育もいき届いているのだなぁって関心しました。 5000円の近江牛コースをお願いしてあり、まずはサラダとキムチとナムル、タンにロース・カルビ・・・次々に運ばれて来ました。 私が一番美味しいと思ったのはロース、チシャ菜に包んで・・・口の中でお肉が溶けてしまうほどの柔らかさでした。 食後のミルクのアイスクリームも絶品でした。
 お腹もいっぱいになり、中庭で少し外の風にあたりました。 プールがライトアップされており、とても綺麗で思わずカメラを持って出直しました。 この後本当は外出する予定でしたが、あまりにホテルが良かったので、外出はやめました。 その代わり、ホテルから車で5分くらいのセブンイレブンで夜のためのお酒を買いに行きました。
 そして、少し早いけど、サウナ&スパテルメへ行きました。 入り口で部屋の番号と名前を書いてバスタオルを借りました。 ちょっと不思議に感じたのは、夕食を食べに行く時は分かるのですが、お風呂の時も「浴衣・スリッパで行ってはいけない」との注意書きがしてあった事です。 お風呂を出たら普通はリラックスした格好の方がいいのに、ホテルの印象の為なんでしょうか?  本当は浴衣で行きたいところを仕方なく私服で行きました。 お風呂は楽しみにしていたので、どんなものでしょう?って思ったら入ってみてビックリ!!  まず体を洗うところが1人1人に分かれている。 これは隣の人に水をかけてしまうかもなんて言う心配もいらないし、隣の人の水がかかる心配もないのでありがたいですね。 そしてお風呂、内風呂と外に露天風呂・ジャグジーがありサウナもありました。 ただ、お湯から「塩素の香り」がしたのが少し残念でした。
 お風呂を出てゲームセンタへ行きました。ホテルの中なのでたいしたものはないだろうと思って行ったけど、これがなかなか、コインゲームやテレビゲーム・プリクラなどさまざまな物があり、そこで1時間くらい遊びました。 部屋に戻り買っておいたお酒を飲みながらテレビを観て、早めに寝ました。
 そして、2日目、ホテルは11時がチェックアウトなので、それまではゆっくりしようと8時に起床。 8時30分くらいにチェックイン時に夕食と一緒に予約しておいた、バイキングを食べに行きました。 さすがに人気があったらしく、行った時には待っている人がいっぱいいました。 食事はバイキングで1800円。少々高くも感じますが、和食・洋食にデザート・飲み物いろいろな物があり、味もなかなでした。 朝食を食べ終え、もう1度お風呂に入りに行きました。 そして、帰り支度をし、11時少し前に部屋を出てチェックアウトをしました。 ちょうど皆さんが帰る時間帯なので、ロビーはすごい人でした。 沢山の人の中、従業員は手際良く清算をしてくれました。 料金は、宿泊代金に食事代を合わせて、2人で16,000円ちょっと。 これだけ良いホテルに泊まり、美味しいものを食べ、気持ち良いお風呂に入ったにしては安い!!って感じました。
 なごりおしい気持ちを後に、2日目の予定をしていた琵琶湖わんわん王国へ行きました。 ここは去年も来て2回目でしたが、やはりすごい人で犬よりも人間の数の方が多く なかなか犬を抱くことは出来ませんでした。 次の日が仕事な為、少し早いけど滋賀県を後にしました。
 今回初のエクシブに泊まり、かなり感動をしました。 また機会があれば次はエクシブ蓼科に泊まってみたいと思います。


<ホームページの主からのコメント>
 確かに、温泉大浴場に行くのに、いちいち、着替えないといけないのは少し面倒です。 ホテルのルールをそのまま適用したものでしょうが少しは臨機応変に対応してもらいたいものです。(大浴場への往復だけはラフな格好でもOKとかです)
 温泉大浴場の「塩素の香り」については、レジオネラ菌が温泉でも発見されており、 この菌に感染すると肺炎を起こして死に至る事もあり、その為に塩素の量をふやしているのかも知れません。
 レジオネラ菌については下記のページを参考にして下さい。

レジオネラ菌 宮崎の温泉で基準の15万倍を検出
http://www.mainichi.co.jp/women/news/200207/30-3.html

レジオネラ菌とは
http://www.mainichi.co.jp/news/kotoba/ra/20020121_01.html




 ・宿泊体験談のコーナーに戻る

 ・ホームページに戻る

 ・お得な一般のホテルやお得な航空券、高速バス等の予約はこちら



 このページについてのお問い合わせは、E-mail でお寄せ下さい。


2002年11月8日より
件目のアクセスです。