宿泊体験談



平成9年8月15日 エクシブ琵琶湖  by A.Y.
(エクシブ琵琶湖の案内

8月15日
 子供4人と夫婦の計6人でエクシブ琵琶湖へ行ってきました。 1時に現地に着いたので,チェックインの3時まで時間があったので,伊吹山にコンドラリフトで上がりました。
 が,最初,リフトの駅が判らず,かなり,迷いました。片田舎の集落中に,駅があるので,栂池や八方のイメージと全然,違います。 民家の空き地みたいな駐車場に1000円払い停めさせて戴きました。 そこから,リフトの駅まで200メートル程,急な坂道を登り,ひとしきり汗をかいて,乗りましたが,ゴンドラの熱いこと,ここでも,大汗かきました。 やっとの思いで3合目に着くと涼しく,汗がすっと引いていきます。しかし,天気は生憎の曇天で雨がきそうなので,アスレチックを子供にやらし,30分程で下界に退散しました。
 その後,町おこしで有名になった長浜の黒壁スクエアーに行きましたが,駐車場が分かりにくくて,混んでいる事!! 駅前の平和堂で500円の商品券を買い,結局,ただ同然で駐車しましたが..
 しかし,いつも考えてしまうことであるが,旧商店街の最大の弱点である車によるアクセスの悪さが,あまり,改善されていないことに気がつきます。 これは,横の彦根市のお城の近くの江戸時代風の町並みにも言える事でいざ,車を降りて歩こうとしても,駐車場が何処にあるのかわからない状態でした。

 結局,5時30分頃にエクシブ琵琶湖に到着しました。まずは,エントランスの豪華さにびっくりしました。 豪華さでは,名古屋ヒルトン,上高地帝国ホテルを十分凌駕していると思いました。
 しかし,ボーイがあまり荷物を運ぼうとしません。 何故だと思うとボーイの数が一流ホテルより節約しているように感じられました。 しかし,贅沢は言えません。何せこのページのお陰で格安に宿泊させてもらうのですから。
 レセプションで料理の変更を大人は5000円,子供は2500円のジュニアコースにしました。
 早速,部屋に行くと13000円の部屋でほぼ,東急リゾートのメゾネットタイプと同等クラスには達していました。 ただ,ここでも荷物は自分で運びましたが..。 しかし,自分が実際に払う値段を考えるとお値打ちなどというものでは,ありません。 狐につままれた感じでした。部屋は南側で横に琵琶湖がみえました。
 早速,コモに行き,デイナーとしました。客層はヒルトンホテルや赤坂プリンスホテルと同等でここでのサービス, 味共に十分に満足のできるものでした。ただ,デザートがもう少し洗練されていたら..。 しかし、雰囲気も味も良く,寛がさせて頂きました。
 食後はゴールドのコインをもらい,下のゲームセンターで5000円程追加投資し,子供を遊ばしました。
 その後入浴,広くて北陸の芦原温泉のホテル嵯峨を思い出しました。これも丸です。 夜は広い部屋でゆっくりと過ごすことができました。

8月16日
 朝はエチュードへ行き,バイキングを食べました。8時前で混んでいましたが,席は待たずに座れました。 メニューの数と質は,値段を考えるとお得な感じでした。 しかし,上高地清水屋ホテル,赤坂プリンスホテルの方がメニューがもう少し洗練されています。 恐らく,あちらは込みでわかりませんが,値段が違うのでしょう。
 朝食後,子供にせがまれて,早速,中庭のプールに行きました。 しかし、更衣室が1階のボイラー室の横でおまけという感じ。 プールは琵琶湖が望めて,気持ちよく,泳げました。
 そうこうしているうちにもう,チェックアウトの11時になりました。 値段は,デイナーの時にワインを飲んで48000円弱という値段で,クーポン券込みでも同等クラスの半額程度か4割程度でしょう。 (これではボーイの少ないのは仕方ありません。)
 非常に得した気分になれました。帰りは日野町のブレーメの丘と彦根城と湖東三山の一つの金剛輪寺に寄り, 有意義な夏休みを過ごさせて戴きました。 (ブレーメの丘はリトルワールドのヨーロッパのコーナーを大きくした感じで変形自転車やゴーカートもあり,子供は喜びます。)
 最後にもっとこのページを利用してみようと今,考えています。

<ホームページの主からのコメント>
 この様に良い所も悪い所もズバリと指摘してもらうと参考になります。 そう言えば、ホリディインでもボーイが荷物を持って部屋まで案内してくれた事もありますが、エクシブのホテルで部屋まで案内された事はないです。
 余談ですが、大浴場はエクシブのホテルの中では『エクシブ白浜アネックス』が一番ではないかと思います。 洋風と和風の大浴場があって、翌日には男湯と女湯が入れ替わります。
 今回のルームチャージが 13,000円の部屋はエクシブのホテルの中でもレベルの高い部屋だったと思います。 このくらいの部屋なら6人家族でもゆっくりくつろげるかと思います。



平成9年5月17日(土) エクシブ琵琶湖  by Y.K.
(エクシブ琵琶湖の案内

 4月にオープンしたばかりのエクシブ琵琶湖に、早速、行って来ました。午後1時すぎに京都を出発して、最初、国道1号線を通って行こうとしたら大津付近で渋滞、名神高速に入ろうとしたら道を間違って、結局、エクシブ琵琶湖に到着したのは3時20分ごろ。
 3時からテニスコートの予約をしていたけど3時半からに変更してもらいテニスをしました。テニスコートはハードコートが4面あったけど、他に誰も使っている人はおらず、5時ごろから2つのグループが1面づつ使っていました。 (翌18日も昼ごろまで誰もテニスコートを使う人はいませんでした)

 6時半にテニスを終えて部屋に戻ると部屋のベランダの右手が琵琶湖を一望できて、ちょうど夕日が沈むころでした。
 部屋はセミダブルのベッドが2つと4畳半ほどの畳のスペースがあって、これでルームチャージが 9,000円の部屋でした。
 1階に温泉大浴場があるという事なので、筋肉痛予防の為の体のマッサージも兼ねて行ってきました。 入口で部屋番号と自分の名前を書くだけで無料。但し、温泉に入っても入らなくても入湯税 150円がかかります。
 中にはサウナや打たせ湯、露天になっている部分もありましたが1階なので夜空は見えますが(エクシブ白浜アネックスの様に)外の景色が見られる訳ではありません。 大きな湯船はお湯の温度がやや高く、筋肉痛寸前の体にはやや入りづらかったので、露天の寝て入る湯船につかっていました。

 奇麗だったのは中庭です。屋外プールがあり、プールをやっていない時期は噴水になっていて、まわりに椅子とテーブルが置かれているので、 ここで写真を撮ったり、くつろいでいる人も多かったです。 また、プールの横に結婚式があげられる様な椅子や鐘がありました。部屋によっては、この中庭が一望できるのでしょうが、 今回、泊まった部屋は窓が反対側についていたので部屋から中庭を見る事はできませんでした。

   

 帰りは湖岸道路を走って琵琶湖大橋を渡り、途中越えから三千院の横を通る道で帰りましたが、2時間ほどで京都に帰れました。
 自宅から一番近くにできたエクシブなので、これからも利用しようと思っています。




 ・宿泊体験談のコーナーに戻る

 ・ホームページに戻る

 ・お得な一般のホテルやお得な航空券、高速バス等の予約はこちら



 このページについてのお問い合わせは、E-mail でお寄せ下さい。


1997年8月21日より
件目のアクセスです。