宿泊体験談



平成12年4月19日(水) エクシブ淡路島  by F.S.
(エクシブ淡路島の案内

 まず、今話題の淡路花博に十一時頃到着しました。 神戸市北区より、阪神高速と淡路大橋を使うと、約30分で着きます。 天気は曇りでした。平日にも関わらずかなりのお客でした。 この分だとゴ−ルデンウィ−クなどは、うんざりするぐらいの人と思います。 基本的には世界各国の花の展覧会のような感じで女性にはいいと思いますけど、男性には少ししんどいと思います。 会場は思ったより広く健脚の人でないと一日で回るのしんどいと思います。 また、人が多すぎてまともにおみやげも買えませんでした。

 さて、その後夕方4時過ぎにエクシブ淡路島に到着しました。花博の影響で4時頃はチェックインの人でごったがえしてました。 女性客やグル−プ客が多かったです。ラウンジでウェルカムドリンク(無料)を飲んでから部屋に行きました。 海の見える507号室で部屋も二人では十分すぎる程でした。これで大浴場があれば文句無しです。
 食事は五時半と八時しかなく、八時にしました。6千円の食事で値段相応の料理と思います。 8時でもかなり急がしそうでした。
 疲れていたので食事の後少ししてから、眠りました。アメニティグッズも充実してました。 落ちついた雰囲気で客層も会員制なのでいいと思います。朝食はとらずにまっすぐ神戸に帰りました。
        



平成10年9月14日(月) エクシブ淡路島  by S.T.
(エクシブ淡路島の案内

クリックすると大きな画像で表示されます!  9月14日、主人と2人でエクシブ淡路島に行きました。エクシブを利用するのは、今回がはじめてです。
 朝7時過ぎに大阪を出発し、明石海峡大橋をわたり、神戸淡路鳴門自動車道の洲本で降りて、サントピアマリーナを目指しました。 サントピアマリーナの手前には、ホテルニュー淡路などの温泉街があるのですが、市街地からその温泉街に抜ける道で迷ってしまいましたが(なんだか淡路島の道路標識はとても不親切で、わかりにくいです。)、約2時間半で到着しました。

 サントピアマリーナにはたくさんのヨットが停泊し、それらを見下ろすようにエクシブ淡路島が建っています。海沿いにはテトラポットが続き、釣りをする人もたくさんいました。 テトラポットから海を覗き込むと、7〜8センチの魚が手ですくえそうなくらいたくさんいたので私たちもチェックインの前に釣りをしました。 餌は持っていなかったのですが、どなたかが残しておいてくれた餌で撒き餌をしていっぱい魚が集まったところに針を落とすという竿なしの簡単な方法で(ちょっとヨーヨー釣りのようでしたが・・・)1時間で10匹ほど釣れました。 こんなところでこんなに魚が釣れるんだから、きっと夕飯は魚がメインで期待できるんじゃないの?と思いながらチェックインしました。
クリックすると大きな画像で表示されます!  チェックインは2時からで、ウェルカムドリンク付き。入室にはまだ少し早かったので早速ロビー横にあるラウンジでのんびりとコーヒーを飲みました。 ロビーやエントランス・ラウンジなど、全体的にこじんまりとしていますが、ゆったりとしたスペースです。また、スタッフの方も皆さんも親切です。

 そして部屋に入るとびっくり。大人4人でも余裕の広さで、手前に和室(私はこの和室に少し違和感を感じましたが・・・)、奥の窓際にソファーセットとベッドという配置で、どこでもゴロンとしてちょーだいね!という感じです。 全室オーシャンビューなので外の景色を期待していたのですが、2階だったためマリーナがあまり見えず少し残念でした。連休の間の日で宿泊客も少ないせいか下の階の部屋しか使っていなかったようでした。 しかし、これで一泊6000円(宿泊代3500円+宿泊券2500円)だとは思えません。

クリックすると大きな画像で表示されます!    クリックすると大きな画像で表示されます!

 夕飯の前に私たちは予約していたクルージングに出かけました。クルージングは数あるエクシブの中でもここ淡路島しかないものらしく、色々なコースがあります。 私たちが予約したのは、午後5時から1時間半程度のサンセットクルージング(1人8000円・要予約で、金額と時間はシーズンによって異なります。)で、シャンパンとフルーツなどの軽食が付いています。
クリックすると大きな画像で表示されます!  波がとても静かで、風も気持ち良く快適なクルージングでした。スタッフの方もとても親切で、周りの小島のことや船のことを教えてもらい少し運転もさせてもらいました。 実際夕日は島とは反対側に沈む為私が期待していた風景とはちょっと違いましたが、まわりが薄暗くなって海岸沿のホテルのあかりが海にゆれてとても奇麗でした。エクシブ淡路島に来るのならこのクルージングはおすすめです!

 クルージングのあとは食事でしたが、和食・洋食の2タイプのうち、私たちは和食の8000円のコースを予約しました。もうこれには大満足です。 生け簀を囲んだカウンターを用意してもらっており、予想通り魚料理がメインで、とても新鮮でおいしい。松茸の土瓶むしや松茸ご飯なども出てきて、量が多すぎて食べきれませんでした。

 ところで、宿泊している方を見るとどうもファミリーやお年を召した方が多かったのは、次の日が敬老の日だったからでしょうか? 今回仲良くして頂いた4人組みの叔母様方がおっしゃっていましたが、ここのエクシブの難といえば温泉や大浴場がないことだそうです。 (私たちは苦にならなかったのですが・・・)歩いて15分くらいの別のホテル(別料金)まで入りに行かれているようでした。ちょっと不便ですね。

 次の日の朝食は、和食・洋食のバイキングのようでしたが、私たちはエクシブでは食べずに帰りました。帰りに気づいたのですが、近くにコンビニらしきものがありました。 ちなみに、ファミレスぐらいの大きさの和食屋と焼き肉屋もあります。

 と、言うことで今回のエクシブ淡路島の総合評価は堂々の90点です。エクシブ淡路島は施設自身も充実していますが、色々な遊び方ができる周りの環境が私たちにとっては良かったです。 次回はカヌーに乗れるポイントを探そうと思っています。
 また、ほかのエクシブと比べることができないので、少しずつ色んなところにも行ってみたい思っています。皆さんもぜひ楽しんで下さいね!

クリックすると大きな画像で表示されます!     クリックすると大きな画像で表示されます!
(画面をクリックすると大きな画像で表示されます)


<ホームページの主からのコメント>
 エクシブのホテルでは和洋室(ベッドと畳のスペースがあるタイプ)の部屋が半数以上でしょう。 これは和室好きの人と洋室好きの人が2人で宿泊してもどちらからも文句が出ない為と、子供はベッドでは落ちるので子供連れの場合は和洋室が好まれる為ではないかと思われます。 私の意見は『良い』とも『悪い』とも言えないという所でケースバイケースでしょう。エクシブ軽井沢やエクシブ白浜アネックスの純洋室(畳のスペースはなく、大きなソファーがある部屋)は気に入っています。 エクシブ琵琶湖の和洋室は悪くないです。
 年配の人には(室内)プールよりも温泉大浴場の方を好まれるようです。ちなみに、エクシブ蓼科、エクシブ伊豆、エクシブ鳥羽、エクシブ白浜には温泉大浴場と室内プールの両方があります。





 このページについてのお問い合わせは、E-mail でお寄せ下さい。



 ・宿泊体験談のコーナーに戻る

 ・ホームページに戻る

 ・お得な一般のホテルやお得な航空券、高速バス等の予約はこちら

1998年10月18日より
件目のアクセスです。