━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Д  会員制リゾートクラブ情報 No.32
_ (‥) / 副題:会員制リゾートクラブとは? Vol.7
 (  )       1999.2.20  読者数 440名  by Y.K.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前回、少し説明した『名義変更』と『名義変更料』について説明
が中途半端になったかと思うので『会員制リゾートクラブとは?』
の続きとして、もう少し詳しく説明します。

************************* 本 文 *************************
(16)名義変更

 中古でリゾート会員権を購入した場合、名義変更という手続きが
必要となってきます。名義変更の意味として次の様な事項があげら
れるでしょう。

1)会員本人のみの特典があるので、誰が会員であるかの特定。
2)年会費の請求や会員向けの案内の送り先の変更。
3)預託金の預り証の名義の変更。
4)共有制の場合は不動産の所有権移転の登記。

 業者を通じて中古会員権を購入した場合は、名義変更の手続きは
通常は業者がやってくれるので業者から指示された書類や写真など
を用意すれば良いでしょう。
 個人売買の場合は、名義変更に必要な書類などはリゾート会社に
問い合わせれば良いでしょう。


(17)名義変更料

 一般的に(ごく一部の例外を除いて)、名義変更の手続きをする
為にはリゾート会社に『名義変更料』という名目のお金を払う必要
があります。名義変更料の金額は会員権によって違い、安い所では
5万円や10万円の所もあれば、高い所では100万円を超える所
もあります。共有制の場合は名義変更料とは別に登記費用も必要と
なります。

 名義変更と言っても、実費として必要となるのは新しい会員証の
作成費用と郵送料程度で、後はリゾート会社の社内の書類やデータ
の書き替えの手間程度でしょう。
 『どうして、名義変更料が必要なのか?』と質問されても『会社
が儲ける為』としか返答はできません。多少なりとも説得力のある
理由としては『一時のゴルフ会員権の様に値上がりして転売が繰り
返された場合、ブローカーが儲けるだけでなく、値上がりしたのは
リゾート会社の企業努力もあったので、何らかの形でリゾート会社
に収入があって当然。また、リゾート会社の収入になれば、さらに
施設の充実などをする事により、現会員に還元する事もできる』と
いう理屈もあるでしょう。しかし、実際には一時的にでも値上がり
したリゾート会員権はごく僅かで、現実には名義変更料が会員権の
値下がりの原因を作っているとも言えるでしょう。

 ここで『名義変更料』について、もう少し色々な角度から考えて
みましょう。
 まず、会員権を購入した人の立場から考えると、会員権を売却す
る場合、購入する人は名義変更料も含めた金額で判断をするので、
会員権を購入した時点で、名義変更料分の価値が下がったと考えら
れるでしょう。(だからリゾート会員権は売却する事を考えて購入
するのではなく、利用する事を考えて購入するべきなのです)

 リゾート会社の立場から考えると、名義変更料を高くすればそれ
だけ儲かるでしょう。しかし、あまり高くすると評判や印象が悪く
なるだろうし、売却せずに解約する人が増えてくるでしょう。
 解約されて預託金を返還するより、名義変更されて名義変更料の
収入があった方が賢明と考えてか名義変更料を値下げした所もあり
ます。(名義変更料を値下げして利用者にデメリットになる事はな
いので、利用者から文句を言われる事もないでしょう)
 反対に急に名義変更料を値上げする所もあります。名義変更料を
値上げする意図を推察すると『名義変更料収入の増加』と『新規に
会員権を売りやすくする為』と考えられます。

 後者について少し説明すると、例えば、中古相場50万円、名義
変更料が12万円の会員権を、リゾート会社で同じ内容の会員権を
80万円で販売していたとします。普通の人なら(同じ条件で利用
できるのなら)、50万円+12万円=62万円の方が安いので、
中古会員権の方を買うでしょう。
 そこで名義変更料を36万円に値上げしたとすると、他の条件が
変らなければ中古会員権を購入する為には86万円が必要となり、
新規にリゾート会社から買った方が安くなる訳です。
 逆の考え方をすれば、すでに会員権を所有している人にとっては
一気に24万円も会員権が値下がりしたと言えるでしょう。(名義
変更料を値上げしても会員権の価値が高くなる訳でなく、実際には
名義変更料を値上げした分、会員権の値段を下げないと売れない)
 また、『新規会員権が売りやすくなる』というのは単純に計算し
た時の理屈で、実際には名義変更料を急に値上げすると評判が悪く
なり、さらに会員権は売れなくなり、さらに中古相場も下がる事も
考えられるでしょう。

 一般的には名義変更料が安くなり、気軽に会員権が買えて、自分
の趣味や好みにあわなかったり、引越しなどで自分の条件が変れば
気軽に売却できる状況になれば利用者にとって有り難いでしょう。
 現状では『名義変更料の安い所=良心的な所』とも断定できない
ので気をつけた方が良いでしょう。

 最後に筆者が確認している範囲で、最近(ここ数年)名義変更料
を変更したリゾートクラブを紹介しましょう。他にもあれば情報を
お寄せ下さい。

 名義変更料を値下げした所
  エメラルドグリーンクラブ    100万円ー> 30万円
  日本オーナーズクラブ      100万円ー> 30万円
  紀州鉄道コンポーネントシステム  90万円ー> 30万円

 名義変更料を値上げした所
  グリーンフィールドクラブ     12万円ー> 36万円

【筆者のひとりごと】
 こんな事を書いたらグリーンフィールドクラブの会員権が売れな
くなってしまうだろうな〜。(自分が持っている分も・・・)

************************************************************

 文中『No26』とあるのはバックナンバー『第26号』という
意味で、バックナンバーは下記の U.R.L. にあるので、特に創刊号
発行以降に登録された方は目を通しておいて下さい。
 http://www.geocities.com/Tokyo/Pagoda/7462/index.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。登録・解除とバックナンバーはこちら
http://www.geocities.com/Tokyo/Pagoda/7462/index.html
 転載、転記を希望される方はご一報下さい。別途、相談。
マガジンID:0000009044
メール:peace@mcn.ne.jp
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  / 会員制リゾートクラブ情報 No.37
 ☆ '  副題:このメールマガジンの今後の展開
/          1999.3.27  読者数 465名  by Y.K.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前回の発行から10日空いてしまい、読者数も、はじめて、前回
発行より減少しました。(読者数は二捨三入で5の倍数で表示)
 発行が10日空いたのは宿泊レポートが届く予定があったので、
それを待っていた為で、他に用事もあり、宿泊レポートが遅れる事
もあるかと思いますが、『宿泊レポートを書く事が義務』と考える
と(精神的にも)負担になるでしょうから督促はしない方針ですが
『良かったか、悪かったか』程度のお便りを下さい。そうでないと
『酷いホテルだったので宿泊レポートを書く気にもならない』なの
かと心配してしまいます。また、そういうホテルなら他の人に紹介
するのを控える必要もあるので最低限の情報提供はお願いします。
 前置きが長くなりましたが、No25で『このメールマガジンの
目的?』という事で今後の展開について考えている事を紹介して、
『建設的な意見』を求めたつもりですがあまり反応がなかったので
今回はもう少し筆者の考えている事を書きます。

************************* 本 文 *************************
 今後の展開について考える事はNo25でも紹介した『利用者の
立場で作る会員制リゾートクラブ』です。『ある程度の会員数が集
まれば普通のホテルとも有利な条件で契約して利用する事ができる
でしょう』という部分も大事なポイントだと思っています。
 それには『会員数』が必要だし、会員数が多くなり『集客力』が
あればホテルも無視できない存在になり、有利な条件で交渉できる
でしょう。一部のホテルでは『コーポレート価格』といって特定の
企業(の社員)に対して安い料金で宿泊できる契約したり、ホテル
が独自の会員システムを作って安い料金で宿泊できる所もあります。
これは旅行代理店との関係で公の表示価格を下げる事ができない為
の『苦肉の策』と言える訳で、本来、旅行代理店を通じて宿泊する
より旅行代理店の手数料の12〜15%安く宿泊できても良い筈で
集客力があれば、その様な料金で提供してもらう様にホテルと交渉
する事も可能でしょう。
 そういう展開を考えるのには現在の読者数ではやや少ないのでは
ないかと考えています。
 『会員制リゾートクラブ』は『ホテルを安く利用できるシステム』
とも考えられる訳で(No33で紹介した通り筆者が会員権を購入
したキッカケも新宿のホテルが安く利用できるからで)、もう少し
その辺をアピールしたタイトルの方が読者数が増えるのではないか
と考えている次第です。
 例えば、タイトルを『ホテル&会員制リゾートクラブ』とすると
かです。『会員制リゾートクラブ』についての情報提供の場が少な
いので、この言葉は外したくない所です。
 会員権の購入を検討している人からの反応がもっと多いのなら、
逆に小人数でも(数十人でも)、それなりの意味はあると考えてい
ましたが『お買い得会員権情報』と『特選会員権情報』と2回情報
提供(さらに逆オークションも)したのに反応は鈍く、現在の状態
では中途半端ではないかと考えています。
 つまり、『枯れ木も山の賑わい』で『冷やかし』がいても良いの
で読者数が多いか、反対に少数精鋭主義かです。(少数精鋭主義は
有料メールマガジンを計画しましたが立ち上げ前に断念しました)
 以上が筆者の考える所で今回も『建設的な意見』をお寄せ下さい。
ある人から『ホームページとメールマガジンの関係』を質問された
事がありますが筆者としては『特選会員権情報などの会員権情報』
や『有料メールマガジンから、利用者の立場で作る会員制リゾート
クラブへの展開』をメールマガジンの特徴にしようかと考えていま
したが賛同者が少なく、『宿泊レポート』といったホームページと
重複する情報が『参考になる』という意見があり、どうすれば良い
ものかと迷っている所です。

************************************************************

 『どの会員権を買えば得か?』とか『この会員権はいくらで買え
るか?』いう漠然とした質問は筆者は業者ではないので返答しかね
ますが『この値段で買おうと思っているが、さらに安く手に入れる
方法はあるか?』という質問なら簡単に(2〜3日で)返答できる
と思うので購入する前に問い合わせてみて下さい。
 いただいたメールは原則として『匿名で紹介するかも知れない』
という扱いとしますが、特に希望のある場合は明記して下さい。
 文中『No25』とあるのはバックナンバー『第25号』という
意味で、バックナンバーは下記の U.R.L. にあるので、特に創刊号
発行以降に登録された方は目を通しておいて下さい。
 http://www.geocities.com/Tokyo/Pagoda/7462/index.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。登録・解除とバックナンバーはこちら
http://www.geocities.com/Tokyo/Pagoda/7462/index.html
 転載、転記を希望される方はご一報下さい。別途、相談。
マガジンID:0000009044
メール:peace@mcn.ne.jp
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  / 会員制リゾートクラブ情報 No.38
 ☆ '   副題:宿泊レポート Vol.5(RCI交換利用)
/          1999.3.28  読者数 465名  by Y.K.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前回、『宿泊レポートがない』と書いたら2件のレポートがあり
ました。(『督促しない』と書きましたが、あの書き方では督促し
ているとの同じでした)
 1人は『サンメンバーズ・ワールドホリディ・ブロンズ』の会員
権を購入し、RCIの交換利用で、現在、ハワイの施設を利用して
いる方からのレポートなので、久々に連日発行します。

************************* 本 文 *************************
【サンメンバーズブロンズ会員と、RCIの利用】
 現在、RCIのカウアイ島プリンスヴィラのパヒオヴィラという
所に泊まって、5日目を迎えています。明日からは、やはりRCI
のオアフ島ロイヤルクヒオに泊まる予定ですが、正直言って、これ
は余りにもお得(逆に考えると、通常の日本人の休暇旅行が、他の
先進国に比べて、質の割に余りにも高いのでは?)と思えます。
 家族4人(大人4人でも料金変わらず)で、1週間で交換手数料の
3万円のみで、この施設利用し放題とは、今まで、年3回の家族海
外旅行で、「いったいいくら使っていたと思っているんだ馬鹿野郎
!」と言いたくなるほど、嬉しいです。欠点は、かなり早く申し込
まないと、直前まで、どこに泊まるやら、果たして取れるやら分か
らないことで(私の場合、1ヶ月前の申込でそうでした。)、予め
(1年前なら、100%希望通りらしい。)行く場所を明確に意識
していないとならないことです。逆にいきあたりばったりでよい人
なら、どうとでもなります(世界に何千ヶ所かあるので。)。
  経営、フィージビリティスタディの専門家として、私見を述べさ
せて頂くなら、リゾートトラストでなく、他のもっと相乗効果を生
める所と深く提携していれば、様々な点でRCIは、メリットがあ
っただろうにと思ってしまいますが、他人事だから、ま、いいか。

【筆者からのコメント】
 以前、この方からRCIについて質問をいただき、No3で筆者
なりのコメントをしました。(この時は『あまり便利ではない』と
いうコメントでした)
 筆者がサンメンバーズ会員権を購入した時の説明書には(サンメ
ンバーズの宿泊券はサンメンバーズの施設を利用する時は1人1泊
につき1枚必要なので)、RCI交換で海外施設を利用する場合は
4人なら7日で28枚の宿泊券が必要と書いてありました。1日の
利用でも7日分の宿泊券と利用料(4人まで3万円)が必要です。
 所が今は4人までなら宿泊券は7枚で良いという事です。これは
この方から『7枚で良いと言われた』という事で調べてみたら変更
になっていました。(この様に変更されているのなら『あまり便利
ではない』というコメントは訂正する必要があると思います)
 サンメンバーズ会員権の宿泊券を利用して、RCIの交換利用で
複数人数で海外施設を利用するとかなり有利と言えます。RCIの
交換利用は会員本人が同行しなくても3500円のゲスト料を払え
ば会員以外の人だけでも利用できます。1泊2泊の利用ではあまり
メリットはないでしょうが、ロングステイならメリットはあるでし
ょう。

************************************************************

 『どの会員権を買えば得か?』とか『この会員権はいくらで買え
るか?』いう漠然とした質問は筆者は業者ではないので返答しかね
ますが『この値段で買おうと思っているが、さらに安く手に入れる
方法はあるか?』という質問なら簡単に(2〜3日で)返答できる
と思うので購入する前に問い合わせてみて下さい。
 いただいたメールは原則として『匿名で紹介するかも知れない』
という扱いとしますが、特に希望のある場合は明記して下さい。
 文中『No25』とあるのはバックナンバー『第25号』という
意味で、バックナンバーは下記の U.R.L. にあるので、特に創刊号
発行以降に登録された方は目を通しておいて下さい。
 http://www.geocities.com/Tokyo/Pagoda/7462/index.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。登録・解除とバックナンバーはこちら
http://www.geocities.com/Tokyo/Pagoda/7462/index.html
 転載、転記を希望される方はご一報下さい。別途、相談。
マガジンID:0000009044
メール:peace@mcn.ne.jp
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□




 このページについてのご意見は、E-mail でお寄せ下さい。






 ・バックナンバーのページに戻る

 ・ホームページにジャンプ

 ・一般のホテルの予約はこちら

















旅行行く前にリゾートチェック,BUS,air,当日,海外,収入アップ,mag ,check,true ,green,大手信販,新宿,WEB110,Yahoo,center ,King ダイエット,育毛,AD ,コスプレ,激安,無料,活性水素,飲む酸素,必見,格安旅行 ,魔法,驚愕,隙間,簡単,稼ぐ,広告,PPP ,葛餅,java