━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Д  会員制リゾートクラブ情報 No.24
\ (‥) _ 副題:読者からの投稿 Vol.2
 (  )       1999.1.18         by Y.K.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 読者からの投稿を紹介します。

********************* 読者からの投稿 *********************
【読者からの投稿】
 私が会員権を購入して良かった事 

(1) 旅行(プラス週末リゾート)に行く機会が増えた
 年会費の事は忘れて、一回一回の利用料が一人3000円ぐらい
なので、家族四人で利用しても、一泊1万2000円で泊まれる。
だから平気で3連泊も出来る。(家族5人うち一人幼児無料締めて、
5人3連泊で3万6千円!)

(2) 家族の者が、友人などと旅行に行く機会が増えた
 近くに施設が有るので、ちょっとした事で気分転換に出かけられ
る。

(3) 友人、取引関係、親族などが、利用したいといってくるので、
 コミュニケーションがとれた。
 最初は、こちらから利用することを勧めますが、それ以降は、ま
た使いたいと言ってきます。私も、年会費は必ず引き落とされます
し、利用されて損するわけではないので、喜んで使ってもらいます。
 日頃何かをしてあげたいと思っている友人や、親族に喜んでもら
えるし、会える機会の少なくなってきた人ともコミュニケーション
がとれます。

(4) リッチな気分にさせてくれる
 恥ずかしい話かもしれませんが、意外にこれも大きな要素です。
施設や、付帯設備もしっかりした所が多いと思いますし、自分のク
ラブという意識が生まれるのでしょうか。
 また、何度も利用するホテルなどは、慣れもあり、自分の別荘か
のように(少し言いすぎ)、落ち着いて過ごすことが出来ます。

【筆者からのコメント】
 (3)+(4) という要素もあるのではないかと思います。筆者も会社
の同僚や後輩等に『利用したければ予約を取ってあげる』と言って、
大きな顔をしています。
 しかし、『最初の2回は宿泊券をタダであげる』と言っておかな
いと図々しい奴は何回でもタダで宿泊券をもらえると思って頼んで
くるので要注意です。出張でホテル代が会社から出る場合は、最初
から宿泊券代はもらっています。宿泊券代をもらっても6千円程で
泊まれて、会社からはホテル代を9千円程もらえるので、それだけ
でも十分にメリットはあるでしょう。


【読者からの投稿】
 「IRS」はNo22の【読者からのお便り】で紹介されていた
通り、「アルシア」ができて何か厄介者のような感じを受けるのは
私だけでしょうか? 状態です。
 私もこの方のようになんてへたくそな対応だろうと常々おもって
いました。
 私は他に泉郷の会員権も所有していましたのでIRSを安くても
いいから業者に委託して売ってしまおうと思いましたが人気がない
のか売れませんでした。じゃあしょうがないってことで供託金だけ
でも返してもらおうと解約しました。
 会社側の返事は『(家族会員権というので¥150万ほどでした
が)一括では返せないので2〜3年かけての分割払いにして欲しい』
との返事でした。
 しぶしぶ承諾すると(なにもてだてがないので承諾せざるを得ま
せんが)その分割払いでさえも1〜2回送金されてきただけで今年
からはまだ1円足りとも送ってきていません。
 会社側の話では『返済が完了するまではメンバー料金で施設を利
用出来る』ということですが厄介者扱いでは気も進みませんし。。。

【筆者からのコメント】
 IRSの会員権は初期の預託金の少ない会員権が中古で出回って
いるので預託金の多い会員権はなかなか売れないのでしょう。本来、
預託金の額で利用の際の区別はないので、利用する事だけ考えると
預託金の額の少ない会員権を買う方が賢明でしょう。
 『預託金は一括で返せない』というのは問題でしょう。こんな事
をしているから、リゾート会社の評判も、会員制リゾートクラブの
イメージも悪くなるのでしょう。
************************************************************

 いただいたメールは原則として『匿名で紹介するかも知れない』
という扱いとしますが、特に希望のある場合は明記して下さい。
 文中『No20』とあるのはバックナンバー『第20号』という
意味で、バックナンバーは下記の U.R.L. にあるので、特に創刊号
発行以降に登録された方は目を通しておいて下さい。
 http://www.geocities.com/Tokyo/Pagoda/7462/index.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。登録・解除とバックナンバーはこちら
http://www.geocities.com/Tokyo/Pagoda/7462/index.html
 転載、転記を希望される方はご一報下さい。別途、相談。
マガジンID:0000009044
メール:peace@mcn.ne.jp
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  Д  会員制リゾートクラブ情報 No.25
\ (‥) / 副題:このメールマガジンの目的?
 (  )       1999.1.24         by Y.K.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 メールマガジンの発行が週1回ペースになったら読者が400名
を突破しました。
 今までも、このメールマガジンの目的について質問され、考えを
紹介してきましたが今回はもう少し具体的に書きましょう。しかし、
これが実現するかどうかは、どれだけの支持者がいるかにかかって
いるでしょう。(支持の得られない計画を進めても仕方がないので
今までみんなの希望をアンケートで把握しようとしていた訳です)

************************  本文  ************************
 『宿泊券を売る為?』と質問される事があります。確かに、宿泊
券を余らせて無駄にするのはもったいないので、それらの有効利用
も目的の1つですが筆者のホームページを見た人はわかると思いま
すが、あれだけの写真を集め、手間をかけて宿泊券を1枚 2,000円
そこそこで売っていて、予約の電話や宿泊券の発送や諸々の質問の
返答の手間を考えるとワリがあうかどうか?

 『リゾートトラフト(株)への挑戦?』と質問された事もありま
すが、リゾートトラスト(株)が筋の通らない言いがかりをつけて
来たので『売られた喧嘩は買っている』だけで、一企業との争いに
こだわるつもりはないです。
 相手が和解を求めてくれば話し合いに応じる用意もあるし、相手
の態度次第ではサンメンバーズ会員権を手放すつもりもあります。
いつまででも喧嘩しているより、協力的な所をパートナーにした方
が賢明でしょう。(入会金も年会費も払っている以上、自分の権利
を無駄にしたくないだけです)

 『会員制リゾートクラブ業界の改革?』。確かに、こういう目的
をあげる事もできるでしょうが、一個人のテーマとしては少し大き
すぎるでしょう。

 『会員権の仲介をして手数料を稼ぎたい?』。これは否定できな
い所でしょう。次のステップに進む為には資金が必要なので、その
資金稼ぎをしたいという事は否定できないでしょう。

 さて、『次のステップとは?』。何度も説明している通り会員制
リゾートクラブは入会金や年会費を集める事ができるので理想的な
経営ができる筈ですが、良心的な所を探すのは至難の技でしょう。
(確かに『評判の良い会員制リゾートクラブ』はあるでしょうが、
そういう会員権は値段も高く、買い得かどうかは疑問でしょう)
 既存の会員制リゾートクラブに満足できる所がなければ自分達で
作れば良いという発想もあるでしょう。そうなれば少なくとも1つ
くらいの自己物件は(リゾートマンションでも)欲しいだろうし、
それなりの購入資金も必要になってきます。
 利用者の立場で作る会員制リゾートクラブというのは色々な形、
色々な展開が考えられるでしょう。No21で紹介した共同購入も
その1歩と考えられ、何種類かの会員権を共同購入したり、すでに
会員権を所有している人が集まって相互(交換)利用するシステム
を作ると、それは自分達で作ったクラブと言えるでしょう。
 実際に、上記の様な形態で会員権を販売していた、もしくは販売
している会社もあります。1棟のホテルを建てるのは個人で作った
クラブでは困難でしょうが、複数の会員権やリゾートマンションを
相互(交換)利用できる程度のクラブなら個人でも作る事はできる
でしょう。
 また、ある程度の会員数が集まれば普通のホテルとも有利な条件
で契約して利用する事ができるでしょう。

 冒頭でも述べた通り、これらは支持者がいないと実現できない事
でしょう。これらについて建設的な意見や投稿を募集しています。
 『建設的な意見』という表現をよくしますが、それは、『xxが
最低条件(xxなら検討する)』と条件をつけてくる人が時々いる
からです。(参加するかどうかわからない人の意見を取り入れても
あまり意味はないと考えています)
 『xxなら参加する』とか『自分はxxなら提供できる』という
意見は参考にしたいと思っています。
************************************************************

 いただいたメールは原則として『匿名で紹介するかも知れない』
という扱いとしますが、特に希望のある場合は明記して下さい。
 文中『No21』とあるのはバックナンバー『第21号』という
意味で、バックナンバーは下記の U.R.L. にあるので、特に創刊号
発行以降に登録された方は目を通しておいて下さい。
 http://www.geocities.com/Tokyo/Pagoda/7462/index.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。登録・解除とバックナンバーはこちら
http://www.geocities.com/Tokyo/Pagoda/7462/index.html
 転載、転記を希望される方はご一報下さい。別途、相談。
マガジンID:0000009044
メール:peace@mcn.ne.jp
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□




 このページについてのご意見は、E-mail でお寄せ下さい。






 ・バックナンバーのページに戻る

 ・ホームページにジャンプ

 ・一般のホテルの予約はこちら

















旅行行く前にリゾートチェック,BUS,air,当日,海外,収入アップ,mag ,check,true ,green,大手信販,新宿,WEB110,Yahoo,center ,King ダイエット,育毛,AD ,コスプレ,激安,無料,活性水素,飲む酸素,必見,格安旅行 ,魔法,驚愕,隙間,簡単,稼ぐ,広告,PPP ,葛餅,java