金属アレルギーについて、あれこれ情報

金属アレルギーの原因や対策などについて紹介します。
アレルギーが起こりにくいアクセサリーも紹介します。
 
金属アレルギーについて

金属アレルギーとは?
 アクセサリーや日用品に使われている金属により、皮膚がかぶれる状態(アレルギー性接触皮膚炎)を言います。 少し触れただけで金属アレルギーになる事は少なく、アクセサリーのように、長時間、皮膚に触れる事により発症するケースが多いです。 また、虫歯の治療の際に使った金属により金属アレルギーになるケースもあります。

金属アレルギーが起きるメカニズム
 普段、身に着けているアクセサリーや日用品に使われている金属が、汗や体液でわずかながら溶けて、イオン化した金属が体内に入り、体がそれを異物と認識され、次に同じ金属が接触すると拒絶反応を起こします。

 身体が異物と認識して、次回の侵入を防ぐために記憶されることを感作(かんさ)と言い、一度、感作されると、金属アレルギー自体は完治することはないと言われています。 花粉症が、ある日、突然、発症して、(症状が出にくくなる事はあっても)完治しないのと同じと考えて下さい。

 金属アレルギーや花粉症は、本来、皮膚にはあってはならない物質の進入を拒否し、また、細菌が入ってこない免疫反応を起こさせる働きが、必要以上に反応するようになった状態と言えます。

 感作されると、きわめて少量の原因物質(アレルギーを起こす金属)と接触するたびに皮膚炎を起こし、通常は6〜48時間の間に反応しますが、時には数日後に反応することもあります。

金属アレルギーが起きる条件
 金属アレルギーは誰でも発症するという訳ではなく、身につけた金属とつけている人の条件によります。  まず、溶け出しやすい金属かどうかによります。 ニッケルやコバルトなどの低品度とされる金属ほど起こしやすいとされています。 これは次項で説明します。

 その金属に触れる頻度も関係してきます。 最初の接触により感作が起こる場合もありますが、何回か接触を繰り返しているうちに、何十年後に感作される場合もあります。

 その金属に触れる条件も関係してきます。 例えば、汗をかくことの多い夏に身につければ発症しやすくなります。 これは汗は酸性で金属は酸に弱いため、金属が溶けやすくなるからです。 この点から、冬は皮膚炎になりにくく、金属アレルギーと汗は密接な関係があると言えます。

 ピアスは皮膚を貫いて皮下組織に、直接、金属が接する為にイオン化した金属が体内に入りやすく、拒絶反応を起こしやすくなります。 ネックレスは汗のかきやすい所に着ける為に拒絶反応を起こしやすく、指輪は表皮の厚い皮にしますし、接触する面積も小さいので比較的拒絶反応は起こしにくいと言えます。

 その他、つける人の体質、例えば汗のかきやすい人かきにくい人、角質層の厚い人薄い人とさまざまな要因が組み合わさって、アレルギーが引きおこされます。

金属アレルギーを起こしやすい金属とは?
チタン
銀/プラチナ/金
亜鉛/マンガン/銅
ニッケル/コバルト/クロム
 日常、接する金属製品の数は極めて多く、一種類の金属だけで作られているものはほとんど見当たりません。 家庭用品の多くは色合いを良くし、耐腐食性を持たせるために、メッキという形で多種金属の表面加工がされています。

 また、ジュエリーであっても純金属そのままのものは少なく、多くは合金を用い、あるいはその上にめっき加工を行っています。 どんな金属でもアレルギーを起こす可能性を待っています。

 右上の表はアレルギーを起こしにくい金属を順に表示した表です。 金属の簡単な説明は下記の通りです。

ニッケル  アレルギー性接触皮膚炎の原因の第一位の金属です。 汗の中の塩素イオンはニッケルを溶かす作用が強く、過去にニッケルアレルギーにかかった人は少量の汗でもニッケルを身に着けただけで皮膚炎を起こします。 また、ニッケルが使われている50円玉、100円玉、500円玉などに触れる機会の多いとアレルギーを起こすことがあります。 この金属は接触した部分だけでなく、血液に運ばれて汗の多い場所に湿疹を出すこともあります。
 アクセサリーには金メッキ仕上げが行われることが多く、これらの下地にニッケル・メッキがよく利用されています。 金メッキが傷ついたり、磨耗した場合、下地のニッケルが溶け出す場合もあります。
コバルト  ニッケルと近い性質の金属なのでニッケルと同じような反応を示します。
クロム  時計の皮バンドやゴルフの皮手袋でアレルギー皮膚炎を起こす事があります。 これは皮製品をなめす工程で6価クロムを用いることがあり、ニッケル皮膚炎と同様、汗の多い部分や摩擦の多い部分に湿疹を出すことがあります。
 銀には毒性が無く、あらゆる面で非常に安全だと言われています。 食器や歯科用の義歯などに銀が使われているのはそういった理由からです。
 金は溶けにくい金属なので、指輪やネックレスのように、普通に皮膚に接触するくらいではアレルギーは起こりにくいのです。 しかし、最近のピアスの流行で金による皮膚炎が増加しつつあります。これはピアスは皮膚に穴をあけるので、金と皮下組織が直接接触して、体液にさらされるからです。

金属アレルギーにならない方法は?
1.アレルギーを疑われる人は身につけない。
 どの金属が自分にとってかぶれるか、病院でパッチテスト(金、銀、プラチナなどの金属溶液をつけた絆創膏を皮膚にはって状態を見る)を行って、そのかぶれる金属を使わない事で防ぐことが出来ます。

2.アクセサリーの素材の選択に気をつける。
 金・プラチナ・銀もなりにくい金属ですが、チタンが一番安全という結果が出ています。 ニッケルなどの合金を使わない高品質な製品を使用することでアレルギーを起こしにくくなりますので、できるだけ、きちんと素材成分が表示されているアクセサリーを選ぶようにしましょう。

3.ピアスで気をつける事。
 最初のピアスは、生傷の状態なので、清潔に保つことが重要です。 しかし、清潔を消毒と間違えて消毒しすぎ(特にアルコールなどの強い消毒液)でかぶれて、さらに悪化させてしまうケースも多いようです。
 ピアス・ポストの長さも重要です。 耳たぶの厚い人がポストの短いもの(耳に入っている部分の長さが6ミリ以下のもの) を着けていると、耳たぶを常に圧迫し、アレルギーを引き起こす原因をつくります。

 厚生労働省の調査によると、アクセサリーなどによる皮膚トラブルで一番多いのは、アレルギー性接触性皮膚炎で、その原因の約80%は金属だといわれています。

もし、金属アレルギーになったら?
 もし、ジュエリーを身につけていて赤くなったり、かぶれたりといった症状が見られる時は、速やかにその使用を止めて下さい。 その時はたいしたことなく思えても、そのまま身に付けていることでアレルギーを助長させることにもなります。確認せずにわからない状態で放っておくことが最も危険と言えるでしょう。
 専門医に見てもらい、 医者の診断にしたがって、その後のジュエリーの使用についてのアドバイスをもらうという方法をお薦めします。

金属アレルギーの人でも着けられるアクセサリー

体にやさしい素材で作ったアクセサリー
 血液を考えた体にやさしい厳選された素材を使用することにより、金属アレルギーの将来的な発症のリスクを限りなくゼロに近づけるだけでなく、現在、金属アレルギーでジュエリーを着けることができない方でも使用する事ができます。
 金属アレルギーを完治させる事はできませんが、発症を抑える事ができれば、他の人と変わりなく、生活をエンジョイする事ができます。
 詳しくはこちらをご覧下さい。

 
目 次
金属アレルギーとは?
金属アレルギーが起きるメカニズム
金属アレルギーが起きる条件
金属アレルギーを起こしやすい金属とは?
金属アレルギーにならない方法
もし、金属アレルギーになったら?
金属アレルギーの人でも着けられるアクセサリー



天然ダイヤ十字架ペンダント
《SDKZ8》 14,000円



天然ダイヤ四つ葉ペンダント
《SDKZ13》 14,000円



天然ダイヤハートペンダント
《SDKZ14》 14,000円



天然ダイヤモンドリング
《SDKZ59》 14,000円



天然ダイヤモンドリング
《SDKZ60》 14,000円



キュービックジルコニア
ペンダント
《SCZKZ1》 14,000円



キュービックジルコニア
ペンダント
《SCZKZ4》 14,000円



キュービックジルコニア
ペンダント
《SCZKZ5》 14,000円



キュービックジルコニア
リング
《SCZKZ51》 14,000円



キュービックジルコニア
リング
《SCZKZ52》 14,000円



キュービックジルコニア
リング
《SCZKZ56》 14,000円